51b%2bqqbxuwl

コメント

開いて4行目、
「それらは」

詩を読んでも中々自分の中に入り込んでこないものだったが、ここは別格だった。とても個人的なことですが。

読者

4302bf7a 4009 42d7 b858 83dc71a84588C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

文学

「阿佐ヶ谷会」文学アルバム

「阿佐ヶ谷会」文学アルバム

Ed4279ff bc5f 49f2 b4e5 4ce5e26e26ac

どきん

人間科学中心に読んでます

昭和11年から47年まで主に青柳瑞穂邸で開かれていた阿佐ヶ谷文士の集まりについての本。好きな作家が多く参加していた集いだし、解説陣も豪華。でもなんとなくのれないまま流し読み。川本三郎の解説に特に顕著な懐古趣味に乗り切れなかった。ちょっと外側から会に関与していた島村利正についての、堀江敏幸による解説を読めたのが収穫。

約22時間前

ある町の高い煙突

ある町の高い煙突

531459ff 570c 4dec b1f6 bc840f7e5c82

iguana

神奈川県横浜市在住、北海道生まれ…

2019/6/21 交渉は理論と忍耐。リーダーのゆるがない意志の大切さを教えてもらった。映画も初日に見た。舞台挨拶面白かった。関根役の井手さんと握手もしてしまった。

1日前

幽霊塔

幽霊塔

75e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748ac

matsu

生きてるうちにどれだけの本が読め…

夜更けに一気に読んでしまった。 徐々に主人公の息遣いが聞こえてきそうで、こちらまで息が詰まったり、息を呑んだり、と世界観に引き込まれた。 江戸川乱歩の描写力たるもの、現代にも通用する力があることを実感した。

2日前

Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf9600a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9201a24dfe3 fbb1 42af 8df6 535a0ed17eca 18