51b%2bqqbxuwl

コメント

開いて4行目、
「それらは」

詩を読んでも中々自分の中に入り込んでこないものだったが、ここは別格だった。とても個人的なことですが。

その他のコメント

読者

4302bf7a 4009 42d7 b858 83dc71a84588C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

文学

悲しい本

悲しい本

43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1a

mebu

波のある読書力

悲しい気持ちになった。 悲しい気持ちの時に読めば励まされるのかも。

2日前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5A5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7
プーさんの鼻

プーさんの鼻

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

俵万智は、言葉の繰り返しがうまいなぁと思う。吾子とかみどりごとかいうのが中村草田男っぽい。

3日前

オレがマリオ

オレがマリオ

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

「オレがマリオ」のタイトルに惹かれました。言葉選びのセンスがすごい。

3日前

「阿佐ヶ谷会」文学アルバム

「阿佐ヶ谷会」文学アルバム

Ed4279ff bc5f 49f2 b4e5 4ce5e26e26ac

どきん

人間科学中心に読んでます

昭和11年から47年まで主に青柳瑞穂邸で開かれていた阿佐ヶ谷文士の集まりについての本。好きな作家が多く参加していた集いだし、解説陣も豪華。でもなんとなくのれないまま流し読み。川本三郎の解説に特に顕著な懐古趣味に乗り切れなかった。ちょっと外側から会に関与していた島村利正についての、堀江敏幸による解説を読めたのが収穫。

4日前