511rzfro5vl

コメント

映画見てからの小説でした。映画でこんなに涙出るか。ってくらい泣いて映画のシーンを思い出して本読みながらまた泣いた。

こんな優しい心を持つ人間になりたい。
母として、人として尊敬する。
映画も小説もオススメ。

「お母ちゃんの遺伝子、ちょっとだけあった。」
「でも、まだママのこと好きでいてもいいですか。」
二人の娘のこのセリフに、手話を学んでいた意味に、銭湯が舞台という設定に、熱い愛を感じるんだなぁ。

読者

Ef8b1b04 ee35 434d 8327 d269a53675067574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c53880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8182819af 78ce 43d8 946e dd35fb1489009bdba2a6 5ea6 4c3b bdc3 9904edcbd5b271f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45228fad0d06 83a5 470c 8417 e2bde8b8e3a1263e10f4 f894 4c3e acbc a7eea8062810 14人

新刊

FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

新田洋平

職業プログラマ。77年生まれ

「ファクトフルネス」とは著者ハンス・ロスリングの造語で「事実とデータに基づいて世界を正しく捉えようとする態度」のこと。彼が作った13問の3択問題、通称チンパンジークイズはダボス会議参加者などのどんな優秀な人たちに解かせても母集団の正答率は滅多なことがなければチンパンジーがランダムに選んだ回答(33.3%)を越えられない。 人は様々な本能に縛られていて世界を悲観的あるいは劇的に捉えてしまっている。そして、それはネット上で糾弾されがちなメディアやプロパガンダのせいではない。自分自身の無理解やドラマチックな世界の見方から来ている。 この個人における「不都合な真実」を目を逸らさず受け入れることが、著者の遺作となった本書で訴えたかったことであり、ビル・ゲイツが本書を全米の大卒希望者全員にこの本を配ることを決めた理由なのだと思う。 世界を今より高精細な解像度で見つめ直すきっかけになる一冊。

約5時間前

648a6c74 06dc 445d 8e27 cea5c74c312aIcon user placeholder95f2f8d6 b287 42fe 82b8 83d6fae8d5ca 28
英語多読 すべての悩みは量が解決する!

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

新田洋平

職業プログラマ。77年生まれ

以前、語学力強化のために一年間ほど英語多読をやっていた時期があったが、効果もあったし何より楽しく達成感が得られてストレスの一切かからない学習法だった。 この本を読んでみて、当時の単語が少々わからなくてもどんどん読み進めていると自然と意味がわかるようになってくるという不思議な感覚を思い出せた。また再開しようと思う。

約7時間前

A3b66677 ca51 430c af65 77fd1d6c1009Icon user placeholder
ねこと私とドイッチュラント (1)

ねこと私とドイッチュラント (1)

41012cdc 017e 418d 8a4d 166981808148

ニシムラ

一児の母、会社員、横浜在住

二足で歩いて話す不思議猫のムギくんとトーコちゃんのほのぼのドイツ暮らし漫画。 エッセイのような、ファンタジーのような不思議な魅力があります。 絵も可愛くて癒されるし、ドイツでも生活の小ネタも面白い。あと出てくる食べ物がとっても美味しそう! 焼きネクタリン食べたいー。

約8時間前

Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aIcon user placeholder 8