51pppvs7fml

コメント

主人公は生きている事を辛いと思う毎日ですが。軽妙に話はすすんでいきます。今までの道尾秀介作品とはイメージが違いました。ドロドロも好きだし。探偵なんかも好きだったけれど。人の優しさが染み渡る作品を読めるなんて思いもしなかったです。

その他のコメント

先日、道尾秀介さんの「満月の泥枕」を読みました。

読んでて、ちょっと長過ぎるかなあと思ったりしました(このシーン、こんなに長く詳細に書く必要ある?って、読んでて思ったりとか・・・)。

まあ、道尾秀介さん自身も、長編小説2冊分の魅力を詰め込んだ1冊、と言っているので、もともとそういうコンセプトの小説で、しょうがないとは思うんですが・・・。

なので、もうちょっと削れるところは削って、もうちょっとコンパクトな形にしたほうが、もっと読みやすくなるんじゃないかなあと思ったりしました。

あと、道尾秀介さんの小説って、大雑把に言うと、普通っぽい世界観のミステリー小説と、おどろおどろしい世界観のミステリー小説と、2種類あると思うんですけど、今作は前者で、前者のタイプの作品の場合、複数の登場人物たちが、みんなでなにかを成し遂げる、みたいな設定が多いですね。

小学生の猛流の相談でアパートのみんなや姪の汐子や菜々子と池をさらうことになった二美男
出てきた頭蓋骨を猛流の祖父に奪われた関係で 猛流の祖父や父までをも巻き込むこととなる
頭蓋骨に関係があるのではと思われる猛流のおじさんを探しに岐阜まで行って みんなが危険な目にあい知り合いの警察官に危機一髪で助けてもらって 無事東京へと帰り着いたが 今までの騒動は一体なんだったのか

過去に辛い経験をした二美男は自堕落な生活をしながら 姪の汐子と暮らしている
汐子が二美男に放った「幸せになってもええねんで」の一言で幸せはいつも側にあったんだなと思う

読者

Icon user placeholderBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d37b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c9456fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d7427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41D81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4ca6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 12人

道尾秀介の本

いけない

いけない

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

4つの連作短編。 「いけない」ことに引っ張られすぎると、本当が見えなくなってくる。 短編と思えばそこそこ。 長編と思えば、流石と唸るしかない。

約17時間前

Icon user placeholder733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacE2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67 16
スケルトン・キー

スケルトン・キー

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

子供を産んでそのまま亡くなった母親 会いたかっただろうに、育てたかっただろうにと思うけど その後の子供の人生を知ったら どうだろう サイコパスの人の感情の無さはためらいなく殺人を犯せるのが怖い たとえ身内だろうとも平気で殺せる サイコパスは鉛が原因の一つだと言う説があるらしいことを知った

5か月前

8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e966b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 10