51ktlwzeoql

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる... 続き

コメント

どの短編も読後感は良いとは言えないが、引き込まれるように読み進めました。描かれるそれぞれの登場人物のダークサイド。ホラーやサスペンス映画好きな向きにはうってつけかと。

その他のコメント

2018 11月 課題本で読書。
六篇の短編集。
「夜警」「万灯」「満願」のみ、
2018年8月、NHKでドラマ化。
評価は高かったようです。

時間に追われて順番に読めず、夜警の次に満願を読んだせいか、あまりパッとしなかった。
個人的には夜警、関守ですが、
バラエティに富み、よくまとまっていた本です。
今も面白いのだけれど、もっと面白い作品がかける作家さんかなと。
二十年後とても期待してます。

読者

Icon user placeholder71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec94fb8718 6749 4a4b 9ad4 876418b2a9d7D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453Bfa203ce cf6b 4708 a116 8282ad3cad0b25c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd457528e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 85人

米澤穂信の本

遠まわりする雛

遠まわりする雛

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズ四作目。 過去三作と違って、本作に「連作ミステリ」の要素は無いのだけど、「連作小説」であることの工夫は凝らされている。 収録されている七編は、古典部の春夏秋冬、一年間の出来事をつづっていく。時間の流れと共にキャラクターたちの関係性も変化していく。 「省エネ主義」を標榜し続けていた、主人公奉太郎の変貌に注目かな。 ラストの「遠まわりする雛」は古典部シリーズでもっとも美しい物語の一つだろう。

約1か月前

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74D29168e4 e9a8 43e6 bcc3 6841f23fff82147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e 16
犬はどこだ

犬はどこだ

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

「犬を探そう」と心を決める所から始まり、「犬を探そう」と心を決める所で終わる小説。 もう少し具体的に書くと、迷子犬探し専門の探偵になろうと事務所を立ち上げた所から始まり、身の安全のため番犬を飼おうと決意する所で終わる小説。 さらに具体的に書くと、『失踪した女性の行方探しと古文書の解読を依頼された新米探偵がそれらの捜査を続けるうちに、全く別々と思われた二つの依頼に関わりがある事に気づく。果たしてその真相とは?』といった小説。犬はどこだ。 米澤穂信らしい苦い小説。ボトルネックよりは苦くないけど古典部シリーズよりは確実に苦い。にがいとくるしいは似てますね。

約1か月前

Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c336149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fdD4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9 12
クドリャフカの順番―「十文字」事件

クドリャフカの順番―「十文字」事件

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

『氷菓』そして『愚者のエンドロール』に続く米澤穂信の古典部シリーズ第三作。文化祭の喧騒、祝祭感が楽しい一作。 前作の『愚者のエンドロール』はアントニイ・バークリーの『毒入りチョコレート事件』をモチーフとした作品だったけど、本作はアガサ・クリスティの『ABC殺人事件』を本歌取りした構成となっている。 今回は奉太郎だけでなく、千反田や里志、摩耶花の視点も用意されている。4人の登場人物による一人称構成が特徴。これまで明かされてこなかった、それぞれのキャラクターの抱えている事情が明らかになる。

約2か月前

Ecf46ec0 9029 4d96 a670 e249838a11a451667b5a 3429 4a5d 813e ba6eed68b93803063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349
さよなら妖精

さよなら妖精

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

米澤穂信の三作目。本来は古典部シリーズの三作目になるはずだったけど、都合により別シリーズとして刊行された作品。 『王とサーカス』で出てくる、太刀洗さんの初登場作品でもある。 というか、いつのまにか、新装版が出ててびっくり! しかも、新装版にしかない、書き下ろしの「花冠の日」を収録。故国に戻った、その後のマーヤのお話。ファンは必読の一冊かと。

約2か月前