51ktlwzeoql

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる... 続き

コメント

どの短編も読後感は良いとは言えないが、引き込まれるように読み進めました。描かれるそれぞれの登場人物のダークサイド。ホラーやサスペンス映画好きな向きにはうってつけかと。

その他のコメント

読者

83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cIcon user placeholder9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edF7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5Eae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823 70人

米澤穂信の本

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

6か月前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 9