51ktlwzeoql

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる... 続き

コメント

松本清張の有名な短編を手にした時の気持ちが蘇る。って帯に惹かれて購入。驚異の三冠だってさ。
途中でやめました。

その他のコメント

2018 11月 課題本で読書。
六篇の短編集。
「夜警」「万灯」「満願」のみ、
2018年8月、NHKでドラマ化。
評価は高かったようです。

時間に追われて順番に読めず、夜警の次に満願を読んだせいか、あまりパッとしなかった。
個人的には夜警、関守ですが、
バラエティに富み、よくまとまっていた本です。
今も面白いのだけれど、もっと面白い作品がかける作家さんかなと。
二十年後とても期待してます。

読者

25c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd457528e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d628b548bb 29b9 4809 97c5 cd7f63e3af229215a4c1 4f02 42a2 9358 213197507ba1Icon user placeholder36149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd 80人

米澤穂信の本

愚者のエンドロール

愚者のエンドロール

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズの二作目。 文化祭で上演予定の、未完となったミステリ映画の結末を予想するという、「正解のない」問題に挑まされる奉太郎のお話。 女帝と真の黒幕の暗躍を楽しむ巻。かな、、 バークリーの『毒入りチョコレート事件』のインスパイア作品な訳だけど、ネタがマニアックで、スニーカー文庫(当時)でよくこれ出したなという印象。

約21時間前

Icon user placeholderFdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a96D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d2070 41
本と鍵の季節

本と鍵の季節

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

米澤先生の高校ミステリーものということで、ウキウキ読み始めたが、出会ったのはなんともクールな二人組だった。 どちらも、ホームズだ。成熟しきれないホームズ達は、どこへ向かって行くのか。 ミステリーがちゃんと図書館の本と絡み合っているのが、上手い!

10日前

90210107 76eb 4d4c 9794 b4126ddbc782F7f037a4 f791 4ea1 a406 dde570c517eb15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c 21