61nvqjku6fl

人間としてあるべき姿を求め続ける コペル君とおじさんの物語。 出版後80年経った今も輝き続ける 歴史的名著が、初のマンガ化! 1937年に出版されて以来... 続き

コメント

子どもの頃に考えていたことを、大人になるとすっかり忘れている。

新しい体験で日々考えが駆け巡っていたのに対して、大人になると、そういった体験が少なくなり、考えることが少なくなる。

自分がどう考え、どう決めるか。子どもに対して語りかける内容ではあるが、知識に頼ることを覚えた大人に対する思想本でもある。

考えることで一歩前進。

なんだかずっと立派な人間になりなさい、と言われているような気がして、うーんと思ったが、要は自分で考えられる人間でありなさいと言うこと。世の中の当たり前を鵜呑みにしないで、疑問に思ったことに立ち止まる勇気。後悔するほどの失敗を犯した後ほど、人は試される。病気になって健康のありがたみが初めて分かる。不幸と感じる理由は、最初に認められている権利や生活、持ち物や能力が失われた時であり、元々ない人にとっては不幸ではない。

どう生きるのか。それはとても難しい問い。これに答えられる大人はどれだけいるのだろう。うまく答えられないとしても、せめて考え続ける大人でありたい。

一つ一つのことが、考えさせられる。
子どもから大人になっても、日々の中で気になることやモヤモヤすることを丁寧に扱うことで、気づきと学びがあるのだと言うことを教わった。

まるで道徳の教科書のよう。

生き方は人それぞれ。いろんな生き方をしている人がいるから、それぞれ違う経験談を聴くことができる。たくさんの本や映画が産まれることもある。
その中で何を選び、何を感じ、行動して行くのか。
自分の中の確かなものをしっかりと意識し、生きて行く事が大切なのだと学んだ。
その経験を伝える事で、また他の誰かを救えるのかもしれない。

80年前に出版された児童小説の、
はじめてのマンガ化。

主人公コペル君が、日常の生活の中から見つける色々な気づきを、
叔父さんがやさしく、わかりやすい言葉で知識として教えてくれる。

マンガになったことで、
ビジュアルとして感情に訴えやすくもなっているし、
叔父さんのノートの部分は活字として残っているので、
読んでいる人自身がコペル君になった気持ちで読み進めることができるのが素晴らしい。

書店員をしていながら、
今の今まで存在を知らなかったのは恥ずかしいけれど、

今この時に出会うべくして出会ったのかなぁとも思いました。

コペル君の人間味が溢れる。人間だからこその矛盾。

表紙から自分は読まないなぁと思ってました。そういうのは良くないなって思わせてくれました。
失敗しない人間なんていないし、それを認めて生きていくのは辛いことだけど、大切なんだなって、中学生だけでなく大人になってしまった人も心にきました。

読者

0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422Icon user placeholder65b27605 be3e 4c2f 88e1 87e7235a4e285ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b10fdfd9ca f824 4300 857c aef332f4dc82Icon user placeholder87c5eebe 7e93 4991 be76 ee9861d9a688F066bc6d 6529 4a17 a125 c0007edde0ce 105人

吉野源三郎の本

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda

なおこ

歴史・事件もの好き

若い時に読みたかった。 時代背景により、幸せの定義、豊かさの定義が違うのだということもわかって新鮮な気持ちになった。

約2か月前

Icon user placeholderA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd194171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737a 100
君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

生きていくのに大切なことは言葉にしにくい。でもコペルくんの体験を通してしっかり伝わってくる。それはすごいことだと思う。

6か月前

B8dc54fb 1533 4bbf 89c7 aa00a4e3db57D2ea44d6 7611 4a34 8670 0563cf87ab82A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06 31