5150 gpzfrl

コメント

さくらももこさんが亡くなったと聞いて、たくさんの悲しみがTwitterにあふれている中、ちょこちょこ漫画や本のお話が流れてきて、10年も前に買った漫画ですが読み返したくなって読んでいました。
この漫画はさくらももこさんご本人の小学生時代から短大生時代までのお話が描かれています。元々は「おんぶにだっこ」と「ひとりずもう」というエッセイ本で、漫画に書き直したのが本作です。私はエッセイ本の方は読んだことがないのですが、どういう考えでどういう選択をしてきて、思春期に悩み苦しみ転びながら、漫画家という人生を選び勝ち取ったその過程がユーモアを持ちつつもとても情緒的に描かれている漫画です。ご本人もこういうのも描けるのかととても新鮮だったとあとがきに書かれています。彼女にとって、とても珍しい漫画だと私も思います。
実は、この漫画はもう販売されていないと聞きました。(ソースは不確かなので間違っているかもしれないのですが。。)こんなにも学びが多い作品なのにとても驚いています。こんなコメントでは再販のきっかけの一助にもならないとは思いますが、手に取れる方はぜひ読んでみてほしいです。
本や漫画を読んでいる一読者なだけで、知人でも何でもない一般人ですが、今回のことはとても悲しくて寂しくて仕方ありません。どうか安らかな旅立ちでありますように。いついつまでも彼女の心が書かれた作品が生き続けますように。

読者

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f6b931060 e977 4625 9c5e 1280a97762fcE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed479887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1 7人

コミック

幻想古書店で珈琲を

幻想古書店で珈琲を

3b15e68e c234 44af aea5 c04f028f5a2b

ちろる

・*:。本は現実逃避できるからす…

いつか自分もこんな体験をしてみたいと心から思えるような本だった。読んでるとワクワクが止まらなかったです‧✧̣̇‧☆゛

2日前

76be9bd8 f9d5 4972 a8f2 c8ed2532d9ab3bff3504 3612 4403 b11e 4867b2117ae9D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12
SPY×FAMILY 1

SPY×FAMILY 1

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

名前も顔も捨てたスパイ、コードネーム「黄昏」。 とあるミッション遂行の為に、家族を作ることに。 娘は心を読む“超能力者”、妻はコードネーム「いばら姫」と名乗る殺し屋。 心が読める娘だけは2人の正体がわかっているけど、各々内緒にして疑似家族生活をお互いの利益の為に始めることにした。 秘密を抱えた家族だけど、ギスギスしてなくて和やかに見えて、寧ろ良い雰囲気な感じ。 特に父は頭が良さからか、一人一人を尊重していて格好いいと思います。 ジャンプ漫画だけど、大人も楽しめるストーリーだと思いました。

3日前

特蝶 死局特殊蝶犯罪対策室 1

特蝶 死局特殊蝶犯罪対策室 1

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

人が死ぬと、その魂が蝶になる世界。 その蝶は、何もしないと49日後に消えてしまう。 「死局」では、蝶を預かり、凍結して永久保存し、再び故人と会えるシステムを保有。 すなわち、蝶を守る部署である。 世の中には趣味の悪い連中もいて、蝶が消える瞬間を見るために、違法で蝶を収集する者がいる。 それを阻止する、主人公。 主人公自身も蝶に因縁があり、そこらへんも見所。 設定としては割と面白いけど、こう…読書意欲をそそられるにはもう一つ何か足りない気がする。

5日前