51h8tpfyuml

本年度ミステリ・ランキングの大本命! この面白さ、《決して疑ってはいけない》……。「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」。突然の依頼に、かつての凄惨な体験が... 続き

コメント

フィクションだよなぁ…と何度か確認しながら読み進めました。本の中の現実に引き込まれていく感じ。内容もさることながら、このリアルな表現力たるや。自分の感じた恐怖を人に伝える、文章化することは非常に難しいことですが、著者の表現力にも感服しました。

SF好きだけど良かった。一話ごとの短編だが、それぞれは幽霊のように朧げだったものが、最後で一つの怪談になる。

裏表紙の赤いシミ。絵なんですけどね、小さく「あやまれ」って読めるんですよ。見えますか?
「フィクションだよ」って言って欲しいくらいリアルでーー。ねぇ!作り話ですよね?!
暗黒ミステリーとオビには書いてある。
怪談味のミステリーですかね。
うーん。なんか、怖いようぉ!!

短編としては面白いが、筆者が狙う全編の怖さ(オチ)は弱いと思った。伏線が弱いから最終章が活きない。

読者

3a7d08ba 6984 4c19 b193 b8da52d2fe2e4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a28f9987fd 83b4 4979 94f6 0abbc628b9f05b21271b 662f 4f5f b626 609821d5a3f363b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc3026E27522db b19a 448f acec a2d30715acf7E00025f0 10d5 4a8e 8971 3e4c4b15c6475ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1 63人

芦沢央の本

鍵のかかった部屋 5つの密室

鍵のかかった部屋 5つの密室

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

糸を使って外から鍵を閉める、という作品のアンソロジー。どの作品も短編ながらキャラの面白さがあって良かったです。個人的には、御手洗シリーズを読みたくて買ったのですがね。ちょっとあっさりした感はあるけど、また御手洗シリーズを読めて満足しています。

9か月前

2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c481525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Ec385d45 c2cb 46e3 8f59 0391e116e2b1 8
悪いものが、来ませんように

悪いものが、来ませんように

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

専業主婦の奈津子と助産院で働く紗英。夜勤明けには自宅でご飯を食べさせて、一緒にゴロンと横になる。ホントに仲がいいんだなーと思いつつ、なんとなく感じる違和感。そして、事件が起きます。 最初のどんでん返しで、ああ!だから違和感があったのか!と気付きますが、まだまだ終わりではありません。 母との関係が人生に与える影響は小さくない。正しいことかどうかなんて関係ない。ただ、我が子に悪いものが来ないことを心から願う母の想いがあるだけ…。

1年前

8d955363 5292 45e6 a47d af2e16c44535E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecIcon user placeholder 51
貘の耳たぶ

貘の耳たぶ

18511618 542e 424f a9c0 020484758922

ちゃこふ

猫が好きです。二匹飼ってます

子どもの取り違えは、これまでにもよくテーマにされてきたが、そのどの結末でもとても切ない。

約2年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecIcon user placeholderB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 9