41yfjz5xsxl

コメント

ドラマの1話を見て購入。
半分あたりから止まらなくなりました。
読み終えても胸糞悪さと緊張感が抜けないが、それでも面白かった。

サイコパスって、こうやって日常に潜り込んでくるのかな。怖くて最高な本。

隣に越してきた男に一家をハチャメチャにされるヒューマンサスペンス。徐々に追い詰められていく感じが怖さを強調していた。ドラマにもなったようだが、なるのもわかる気がする

何ともマッチョな結末 !
ある初老男性(子供も孫も実母の介護も妻に任せきり…)の父性?復権にまつわるお話。
武内の異常さよりも介護につくす尋恵周辺の話が印象に残る。

読み進めるほど話に入り込んでしまい、イライラしてしまう。けど何度も読みたくなります。

人の表面だけではなく、
もっと深いところを見抜ける力をつけなくてはと思った。
面白かった!

読者

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab38136d98 c94e 430d a53d f2f109280f1f26bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec36149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06E1bfbf1b d259 4dae 997b 634771e59066761c2db4 acb9 4f35 8863 c3d9868556a5 31人

雫井脩介の本

検察側の罪人

検察側の罪人

C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e

KEITA

すていふーりっしゅ

映画で知った。正義とは何かを考えさせられる作品。一人でも多くの人に見て欲しいと思う。

5か月前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621A287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4aB0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81d 11
犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼

犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

かなり昔に読んだ一作目が面白かった記憶があっていつのまにか2が出てたので手にとってみました。前作で、左遷されていたのだけど毎晩テレビに登場する羽目になり最後は犯人を追い詰めた主人公、本作では神奈川県警にて遊撃的に特別な捜査を行うチームを率いている、という設定。そんな主人公が誘拐事件を任されて、という話。地元の有名企業の社長とその息子が共に拐われ、父親だけが先に解放され、特に身代金の要請がないというこの事件をいかに解決していくのか、というストーリー。警察側もそうなのだが犯人グループ、特にふとしたきっかけで道を踏み外した男を丹念に描くとことで物語に深みが出ているような気がした。最後が少しラッキーに頼った部分もあってそこは少し気になったけども次に繋がる感じで期待も持たせてあって上手いな、と思わされられた。個人的には地名も馴染みの深いところが多かったのも良かった。

9か月前

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f562c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c29