61wnqptnmxl

時は天平。天然痘流行を食い止めようとする医師たちと、その混乱に乗じる者たち――。人間の光と闇を描き切った、感動の歴史小説。 続き

コメント

平安時代、天然痘が蔓延した。
地獄です。自分も、医者も、看護者も、患者も、親も、子も。正しい判断ですら、鬼の所業。携わらずいる事も、側で共にいる事も。
人として、己個人として、心の中にどうやって問いかけていけばいいのかすらわからない毎日。
「名代」の等身大の嘆きが読者を平安の地獄に誘います。ここでこそ、本質が見えてくる。
登場人物に自分を重ね合わせることが出来なかった。ソコにいる事になるのが怖かった。逃げた貴族とおんなじだ。

その他のコメント

737年 (天平9年)、都中の人々や藤原四兄弟を次々に死に至らしめた伝染病、裳瘡(もかさ)。
パンデミック小説好きとしては、(当然ながら)ウイルスという存在も知らないまま、猛威を振るう裳瘡と徒手空拳で挑む施薬院の医師たちの死闘、という構図を楽しみに本書の頁をめくったものの、ある登場人物の復讐という副テーマに今ひとつ入り込めずに消化不良。
泥くさい迫力ある描写が次々に続くことを期待していたので、ちょっと残念。

読者

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 4人

澤田瞳子の本