41u tsbelxl

コメント

正義とは?中盤すぎまですごく嫌な気分で、何度も読むのをやめようと思いました。人の黒い部分の描写が生々しくて。もともと伊坂さんの作品に触れてこなかったから、あぁ自分には合わない作家さんなのかもと思ったのに終盤に連れて嫌悪感さえも意図的だと気付かされました。タイトルにも納得。ぼくりりの解説がよかった。

その他のコメント

帯の「ぼくのりりっくのぼうよみ解説」につられて読みました。
中盤までは平和警察がいかに残虐なものかという印象づけと、伏線を張りに張るので、話があっちこっちに行くようでなかなか読み進められませんでした(大きな要因として、平和警察の拷問シーンや価値観が残虐すぎて嫌悪感・不快感が募ったというのがありますが…)。
しかし、後半では伏線の回収や伊坂幸太郎がこの作品で何を言いたかったのかがわかるシーンが怒涛の勢いでやってきます。圧巻です、本当。
そして、ぼくりりの解説は小難しくなくラフなのにとても簡潔で分かりやすかったです。特に、加護エイジの部分なんて「確かにな」とハッとしました(読者の中で私だけが気づいてないとしたらとても恥ずかしいけれど)。

設定は「ありえない」。
けれど、そこに潜む人々の醜い感情や正義感、恐怖、諦め…そういった感情はあまりにも普遍的で、私の暮らす世界の延長線上にはこんな世界が広がってるのだろうかと思いながら読み進めました。
だからこそ、「世の中は良くはならない」という言葉は響きます。そして、その後に続く言葉はその人の価値観や性格を色濃く表す気がします。
「世の中は良くはならない。だから…」
そう考えると、タイプの違いはあるにしろ、登場人物達は全員少なからずそういったことを悟っていたんだろうと感じます。

20180515読了
自己正義のための平和警察。自己満足のためのヒーロー。揺るぎないものはなく、自由を得ることが出来る場所は、地球にはない。火星に住むつもりかい?という問いかけの度に、納得させられました。

読者

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a02011d000 939f 4df4 b531 20c7c29d4c93345e2ca0 2bcf 4e9b 9adc 1ae8817de60e08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c562255340959 53c0 4fb5 a306 e49c9f3e0755F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 150人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

3か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd 152
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

5か月前

174a14ff e2d6 49d5 844e c84dc2ef03575fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2 22