51mq3xosnzl

予期せぬ事故で火星に取り残された一人の宇宙飛行士。彼は残る物資と技術を駆使して生き残れるのか!? ベストSF2014第一位、星雲賞受賞の傑作 続き

コメント

映画オデッセイの原作がこの本だと思って購入。
主人公マークの「誰か」に向けた
メッセージが楽しかった

翻訳モノは積読状態で老後にゆっくり読もうかなと思ってたけど、コレをちょっと立ち読みしたら、止まらなくなりました!
「見てー、見てー、おっぱい」のくだり、かなり笑いました。下巻も楽しみ!

読者

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b6bf5c971 2043 4e74 a761 fb331b62e1a6Icon user placeholderIcon user placeholder5d11ee2b ba1f 4250 aa39 9baebb0893d3F37bf3a8 3bb6 43a1 ae93 0fb2be6f0f787412c23f 480a 4bb7 afe4 757244eca214E1220e13 57b2 460d 90f6 c611ee319cf6 18人

アンディ・ウィアーの本

スタートボタンを押してください

スタートボタンを押してください

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

ゲームにまつわる12の作品が収められたSF短編集。 ケン・リュウ(「紙の動物園」など)や桜坂洋(「All YouNeed Is Kill」など)、アンディ・ウィアー(「火星の人」など)といった有名どころの作品は当然ながら、本邦ではあまり知られていない作家の作品もどれも個性的で魅力的だ。 これはお得感ある。 私にとってSFはどれも、現実にはあり得ないという前提からか、どこかせつなさを感じる物語で「お気に入り」の物差しもせつなさの質と量が基準になる。 その基準に従って、上記の3人の作品以外でいくつか本書から挙げてみると、 「1アップ」 「猫の王権」 「キャラクター選択」(一時期私もこういうマイルールでゲームをプレイしてました!) 「アンダのゲーム」 かしら。 ゲームにまつわるとは言ってもビデオゲームばかりでなく、どの作品で取り上げられるゲームも千差万別、荒唐無稽な設定で難解なルールもあったり、そのもどかしさがまた面白い。

6か月前

C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15f6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd256824a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3 28
アルテミス 上

アルテミス 上

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

「火星の人」のアンディー・ウィアーの2作目。今作も最高でした。リアルな宇宙科学をふんだんに盛り込んでいるのが魅力で、今回は観光で栄えるドーム型の月面都市とより大きな世界が舞台。禁輸品の運び屋をしている女の子が、ふとしたことから面倒な事件に巻き込まれていきます。

9か月前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Ae7048e8 b4f1 4287 959d 937b328ff3e53e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378