41yismmgowl

優れたコンセプトは時に数千億の利益を生み出し、世界を変えていく。 本書は第一線で活躍する気鋭のブランド・コンサルタントが、 無印良品、富士フイルム、スター... 続き

コメント

コンセプトの作り方のノウハウの本だったけれど、私は仕事への向き合い方や在り方を学んだ。ニーズに応えるだけではなくて、自分たちが何を本質としてそれらを設定しようとしているのか?だ。

その他のコメント

読者

Icon user placeholder2ceef7f2 4111 4876 bb5a 510cb54b35f1Ae646a14 9683 469d b05a 35ea28a58d77 3人

江上隆夫の本

THE VISION あの企業が世界で成長を遂げる理由

THE VISION あの企業が世界で成長を遂げる理由

253d061a 2a22 470e a936 ad89514d064c

てんちょー

本を読みました。

本書でのビジョンの定義は公益性を有するもの。優れたビジョンを持つ企業が成長し、そうでない企業が衰退していく、ゆえに企業はビジョンを磨き続けなければならないとする主張に、賛成です。 ビジョン系の言葉・体系の定義については、ちょっとしっくりこないとこもありましたが、むしろこうした説を参考に、経営者自らが、自分たちはこう定義して整理している、ということを持つことが重要なのではないかと思いました。 私自身も自分としてのビジョン系の体系整理ができました。

5か月前