51ru8tplosl

私小説への殉情、無頼派の矜持。横浜での生活立て直しに失敗した北町貫多は再び都内に戻っていた。そして二十歳になった彼は、その日も野良犬のように金策に奔走する... 続き

コメント

読者

A0ed5209 0cec 419b 97e0 7ac1d5fe52d1C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

西村賢太の本

暗渠の宿

暗渠の宿

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6

keikeikeita

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

生々しく、とてつもない現実感を放ってる小説。

3年前

Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460f71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41