51robfmebml

軍倉庫から銃を盗み出した青年レオは、弟たちとともに、恐るべき連続銀行襲撃を計画する。果たして彼らを待ち受けるものとは…… 続き

コメント

スェーデンのミステリで何年か前に凄く話題になってたなということで今頃手にとってみました。彼の国では数年前まで有事に備えて国のあちこちに武器庫があったらしく、そこから軍用の強力な武器を盗み出した兄弟を中心とした強盗団の話。酒を飲んでは暴力的になる父親の強烈な影響の下に育った兄弟の生い立ちと現在の犯罪が交互に描かれる。複雑な筋書きではないのでさらっと読めてしまうし、暴力的な父親も基本的には外部に力が向かうタイプなので読後感もそこまで悪くない。しかしあとがきを読んで何より驚いたのはこれが実話をもとにした話で作者の一人は実際の強盗団とは兄弟だったということかな。なんと最近続編が出たらしく…いったいどういう内容なのか興味が尽きない。面白かった。

その他のコメント

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd020481028f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb3F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac 4人

アンデシュ・ルースルンドの本

制裁

制裁

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

スウェーデンの人気ミステリ・シリーズの一作目ということで手にとってみた。子供を狙ってレイプし惨殺する、という凶悪な犯罪者が脱獄した。そのニュースを見た作家は脱獄犯が娘を送った保育園の外にいた男だと気づく。急いで保育園に駆けつけたのだが…という話。読む前の予想では新たな事件を防ぐ話なのかと思っていたけども、そんなことは無くて北欧のミステリにありがちな暗く救いのない展開になる。シリーズものらしくアクの強い刑事たちは出てくるのだけども狂言回しにすらなっていなくて本作ではあまり登場してる意味がない感じ。かなりきつい感じでシリーズの他の作品の読んだものか悩んでしまったが最後まで読ませる実力はあった。あとがきで知ったが作者二人のうち一人は元犯罪者ということで刑務所内の描写が妙にリアルな感じで迫力があった。

2か月前