Btn appstore Btn googleplay
41g5k1yga5l

世紀の奇書『熱帯』に惹かれ、秘密を解き明かさんと集まった“学団”によるソウダイなる追跡劇。世界の中心に横たわる謎、その正体は――? 読み出したら止まらない... 続き

コメント

昨日、書店の新刊コーナーに平積みされていた『熱帯』に心を奪われ、迷わず購入し、一日中、時間を忘れて読んでいました。読み終えた私がいる世界は、読み始めたときの世界から、別の場所に辿り着いてしまったようです。同じように見えて、少しずつ違っている、違和感を感じています。どうやら私は、本を読んでいるつもりが、物語の渦に巻き込まれ、別の並行世界に来てしまったようなのです。どなたか、この物語の最後をご存知の方はいませんか?

私はまだ、熱帯の中にいます。

さて、この本を記念すべき登録一冊目としようということには、私が森見氏の熱狂的なファンである、ということ以上にこの本が「読書の楽しみ」をとても強く感じさせてくれるものである、ということが挙げられる。

ハードカバーが持った瞬間に私の腕にズシリとした重みと、程よい大きさを感じさせてくれる。今から私は読書という名の旅に出るのだ、と感じ心が沸き立つようであった。

分厚い紙達の中に閉じ込められた不可思議な世界の中をいくら進んでも、全くの予想のつかない展開のおかげで飽きることはないだろう。

読み終わり一息をつくと、きっと読み終えた者誰もが抱くであろう「語り合いたい」気持ちが湧き出す。
この本には、そんな気持ちを掻き立てる良い意味での「足りなさ」が多く存在している。

そうして我々は、良い本に出会った時に得てしてそうするように、またこの本を読み込む。

それは新たな発見につながるのだ。

気付かなかった伏線や、より一層輝く描写に心が引かれていく。

そうした時に、もはや我々はこの本を手放そうなどとは到底考えられなくなっているだろう。

お話の蓋をあけてみたらまたさらにお話があり、そのお話の中にもさらにお話があり...という構造の本作。
自分が今物語のどこにいるのかクラクラしながら読む感じがたまらないです。

おもしろかった、、、
みなさんが面白いと言っていたり、新聞の書評で話題になったりするの納得

後半は謎を解きほぐしながら話が進み、進んだかと思ったら戻り?でも進んでて?、、前半部分の記憶を引っ張り出しながら読んだり、忘れてたら戻ったり、読んでるうちに思い出したり、、「なーる!」の連続
ふだんの読み方とはぜんぜん違う読み方をした(せざるを得なかった)気がする

全523ページの中に4,5回出てきた オノマトペ の使い方が気になっている

前半は物語のスピードに圧倒され、謎が謎を呼び、読む事を止めるのが難しいかった。そのぐらい面白かった。
後半は時折、頭にハテナを浮かび上がらせながら、熱帯を旅していた。
前半の登場人物の様に、熱帯に魅力された読書時間だった。
再び、時を経てまた読みたい。

とりあえず、やってくれたなという感覚でした。ぐんぐん引き込まれるストーリーには飽き足らず、最後の最後には現実世界まで、熱帯というひとつの物語の一部として呑み込まれてしまいました。

世界の中心には謎がある
それが『魔術の源泉』なのだ

物語が物語を生む。
なんとも不思議な小説。

「あらゆることが『熱帯』に関係している。この世界のすべてが伏線」

最後まで読み終えた人だけが、その意味を知ることができる!?

読み進める中で、物語の主人公が変わる展開が面白くて、グイグイと本に引き込まれていく感覚を味わえる。

そんな謎多き本。

展開の激しさについて行けず。
熱帯に漂流中。

その内また読むかも。

森見登美彦氏は「我ながら呆れるような怪作である」と仰っている。
「最後まで読めない本」というフレーズに惹かれて読み始めました。うん?あれ?で?って言っているうちに、すっかり本の中に取り込まれてしまい、あたふた。あたふた。
いかんせん、わたしの想像力がたりず、申し訳ない。

私はひとつの本を追っていたはずだけれど、いつのまにか不思議な物語に巻き込まれていた。
ぐるぐる目まぐるしく展開されていって、一度じゃ到底理解できそうにない。私も一つの本に翻弄せれてしまったのかもしれない。

★★★★☆

摩訶不思議なアドベンチャー小説

映画にしたらパラレルワールド作れる物語

読了に時間がかかった。別にじっくり読んだわけではなくて、読まない期間が長くてなかなか読み切れなかっただけだ。前に読んだところまでのストーリーを思い出しながら読むことになる。この小説において、時間をあけて読むことは有効な楽しみ方かもしれない。その面白さを倍増させるかもしれない。
夢の中の夢の中の夢の中、醒めない夢なんて題の物語はこれまで何度か触れてきたが、本のストーリーもまたたしかに同じである。本という媒体でこそ可能な表現を存分に活かしていて、四畳半神話大系から通ずる著者の手法を感じた。
と、ストーリーに全く触れてないが、読み返さねばと思っている。これは期間を空けて読んだからこう思うのではなくて、この小説のカラクリなのである。

合わせ鏡のような物語。

読み進めていく中でいま体験している物語はどの世界で進んでいたのか、いまの登場人物はどの次元での存在なのか、と不思議になってくる。

この物語のはじまりは不明瞭で到達点も曖昧。

だからこそ『この物語を最後まで読んだ人はいない』という台詞が活きてくる。

はじまりと終わりが不明瞭で不思議な物語でいうと円城塔『self-reference engine』を想起するけども、『熱帯』に大きな「イベント」は発生しない。
どこかふわふわとした白昼夢が継続する分、砂浜の地面から海水が湧き出してくるような不思議さに支配される。

いやはや、やられた‼️
普通にサクサク読んでいたら、むむむ?
となり、うーん?となり。
最後に、ほほぉー。となる。
そして、今は過去で、未来は今なのでしょうか。

マトリョーシカの様な、なぞなぞの様な本。途中でストーリーに飽きることもあるが、構成が入り乱れ、すごく面白い。よく、こんな入り乱れた本を書けたなぁ、という気がする。読んでるうちに、本の構成に影響されて、私は誰で、この世界は何で、何が真実なのか…?という気持ちになってくる。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderD6e58f8a 8e1c 4f71 8a27 13c724bb406bIcon user placeholderB6b69120 12d6 4f4f 8bd2 b91b9fde169eA742174c 88e1 43b3 a9f6 507eb152529bA1ea368a 6f4a 4fdc 8709 3c704c0e674e 202人

森見登美彦の本

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

 本を読むと私の世界とは別の世界へと旅行した感覚になる。創られた世界ではあるけれど、読んでいる瞬間は本当にある世界のように感じてしまう。  この本は不思議な世界ではあるけれど、どこか本当にありそうな世界。街に現れたペンギンたちとその謎を研究する少年と鍵を握るお姉さんの物語。  不思議な謎に挑んでいくストーリーは奇妙なんだけれど、ワクワクしながら読んでいけた。少年目線のどんなことでも不思議と思う好奇心。大人になると不思議なことを不思議と思わなくなるなと少し寂しくなった。  

約9時間前

D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8993ab77f e3ad 48d6 8459 092e3447a1f47355c921 a5cb 4350 a51e ca51515b428a 14
夜行

夜行

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/12/11 読了 終着駅は何処だ〜? という感じで読み進めましたが、最終章に来て此処か〜! ということで納得。 久しぶりの森見登美彦。楽しく一気読みでした。さて、この世の外にはどんな世界が広がっているのだろう。

2か月前

4959329c 091f 49f9 bd80 4f21d6810cd6D6e58f8a 8e1c 4f71 8a27 13c724bb406bIcon user placeholder 26
太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

3か月前

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769d

KAZ

ミステリー、SFが好きです

冒頭の「面白く生きるほかに何もすべきことはない」。この言葉通り京都の街は大騒ぎ。 シリーズ二作目も楽しく読了。 矢三郎と海星のやり取りでホッコリ。 次作も楽しみです!

3か月前

Icon user placeholder0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be 16