41g5k1yga5l

世紀の奇書『熱帯』に惹かれ、秘密を解き明かさんと集まった“学団”によるソウダイなる追跡劇。世界の中心に横たわる謎、その正体は――? 読み出したら止まらない... 続き

コメント

物語が物語を生む。
なんとも不思議な小説。

「あらゆることが『熱帯』に関係している。この世界のすべてが伏線」

最後まで読み終えた人だけが、その意味を知ることができる!?

読み進める中で、物語の主人公が変わる展開が面白くて、グイグイと本に引き込まれていく感覚を味わえる。

そんな謎多き本。

その他のコメント

昨日、書店の新刊コーナーに平積みされていた『熱帯』に心を奪われ、迷わず購入し、一日中、時間を忘れて読んでいました。読み終えた私がいる世界は、読み始めたときの世界から、別の場所に辿り着いてしまったようです。同じように見えて、少しずつ違っている、違和感を感じています。どうやら私は、本を読んでいるつもりが、物語の渦に巻き込まれ、別の並行世界に来てしまったようなのです。どなたか、この物語の最後をご存知の方はいませんか?

私はまだ、熱帯の中にいます。

さて、この本を記念すべき登録一冊目としようということには、私が森見氏の熱狂的なファンである、ということ以上にこの本が「読書の楽しみ」をとても強く感じさせてくれるものである、ということが挙げられる。

ハードカバーが持った瞬間に私の腕にズシリとした重みと、程よい大きさを感じさせてくれる。今から私は読書という名の旅に出るのだ、と感じ心が沸き立つようであった。

分厚い紙達の中に閉じ込められた不可思議な世界の中をいくら進んでも、全くの予想のつかない展開のおかげで飽きることはないだろう。

読み終わり一息をつくと、きっと読み終えた者誰もが抱くであろう「語り合いたい」気持ちが湧き出す。
この本には、そんな気持ちを掻き立てる良い意味での「足りなさ」が多く存在している。

そうして我々は、良い本に出会った時に得てしてそうするように、またこの本を読み込む。

それは新たな発見につながるのだ。

気付かなかった伏線や、より一層輝く描写に心が引かれていく。

そうした時に、もはや我々はこの本を手放そうなどとは到底考えられなくなっているだろう。

読者

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4642078a6 65a0 480a 8273 e3640f63cedc52e916bb 84c4 4eda 88d9 f57e9c22e328Icon user placeholderB4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b155726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77245ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe 195人

森見登美彦の本

太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

29日前

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769d

KAZ

ミステリー、SFが好きです

冒頭の「面白く生きるほかに何もすべきことはない」。この言葉通り京都の街は大騒ぎ。 シリーズ二作目も楽しく読了。 矢三郎と海星のやり取りでホッコリ。 次作も楽しみです!

29日前

0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beIcon user placeholder 15
四畳半神話大系

四畳半神話大系

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

薔薇色で有意義なキャンパスライフを送れずいじけるいっぽうの数年を過ごした全ての人に読んでほしい。 この本を読んでいると自分が学部生だった頃を思い出して虚しくなる。しかも、なんだか自分もこういったことをやっていたような気がするから腹立たしい。 そこで、『あぁ、じつに、生き方に工夫が足りなかった。私はなんてまっすぐだったのであろう。』(p.30)などとほわほわ考え、「もし、あの時違う選択をしていたら」、「もし、もう少しだけ運が向いていたら」などと過去を振り返る。 そうは言っても、 『寺山修司はかつて、書を捨てて街へ出やがれと言ったと聞く。しかし街に出て何をしろというのだ、この私に。』(P.220)と思い直すと、結局自分に伝説の至宝「薔薇色のキャンパスライフ」を手に入れる事は出来なかったに決まっていると再びいじけてしまう。 つまり、この物語体験とは、どんな選択をしていたとしても結局代わり映えのしない数年間だっただろうし、自分は自分でしかなかったのだ、という過去・現在・近未来にかけての自己同一性について洞察する極めてE.エリクソン的ライフサイクル体験ができるSF小説なのかもしれない。 その他 『赤ちゃんがおしゃぶりをしゃぶるように箱庭の権力をしゃぶり続け、』(P.47) 『負けてたまるか。 人恋しさに負けてたまるか。』(P.54)

3か月前

60a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2bAeeac1ae d599 4d88 9097 6e3d22c7fcbe80e59eef 66aa 4cd9 b6d2 7f90c6b61697 8
ペンギン・ハイウェイ 角川文庫

ペンギン・ハイウェイ 角川文庫

0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7

mai

((*゚∀゚))

奇妙奇天烈な話だけど、全体の雰囲気がなんだかほのぼのとしています。アオヤマ少年のキャラクターが好きです。少年の冒険をいっしょに応援したくなる気持ちになります。

約1年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder 9