51u%2bkolblnl

世間を往来すると、見るもの見るもの、みなしゃらくさい。作家の目にとまった風景を、カメラと言葉で切り取れば、そこに広がるのはさまざまな色音匂いが渾然一体とな... 続き

コメント

町田康の目線の眼鏡をかけて街や世間を見てるようでとてもパンク。

読者

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c

町田康の本

湖畔の愛

湖畔の愛

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

恋愛小説では、ないかもしれない。 舞台のお笑い劇場を見ている感じ。 自分の読む間が面白くないと、笑えないかなぁ。

11日前

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf929336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92