51a4p927qzl

家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、誕生日ごとに父からの手紙が届いた。十年が経ち、結婚を控えた麻美子を不幸が襲う... 続き

コメント

良い話ではあった。幸せとは何か、どうすることが正しかったのか考える。もう少しリアリティが欲しかったかな。

読者

09abff3e 8bfd 4d90 9fb7 2f78307868259fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1Icon user placeholder0b942a59 e664 4015 8c0f 2b0c9d79538375e97ebe ec60 4f68 be2d 73f72d209d7cIcon user placeholderD63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641beIcon user placeholder 9人

文学

牛家

牛家

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f50

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

とても面白い!牛家/瓶人の2作品だが、どちらもとても面白かった。 ホラーはコーでなくっちゃ!^_^ のめり込みました。

約12時間前

吾輩は猫である

吾輩は猫である

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

いつか読んでみたいと思ってたけど読めていなかった一冊。 なるほど文学的で、終盤の論理展開など特に読みごたえがあった。 語らうことが娯楽であった時代、素敵だなと感じた。本当に読んで良かった。 Kindleで青空文庫が読めるのはめちゃくちゃ良い。

1日前

A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 8