51mvbpzpafl

「実を言うとね、僕は以前は犬だったんだよ」「犬ですって」「うん、コリーだったんだ」-とことんオフビートで、かぎりなく繊細、村上春樹があらたに見出した、アメ... 続き

コメント

オチというオチがなく終わるのがまるで詩のようでしかし語り口調は小説で淡々と描かれている。
人物や背景の描写が美しくて読んでいて心地よかった。

その他のコメント

これは、語り口がよいということなのだろうが、正直とっつきにくかったのは、日本語訳で読むからなのか。なにか入り込めないものを感じたが、最後の物語は面白く読めた。インテリジェンスを感じはするが、それがなに?となってしまう。小説としては読まない方がいいのかもしれない。

読者

75e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748ac60e48ca4 304e 4b6f a5a9 4bfecdb91ac3931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434aC6d2e74d f9d5 4615 bea6 b8965495a867 4人

文庫

天才はあきらめた

天才はあきらめた

9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0

陰気な社畜が夜景を彩る

こういう業界のこういう本には、自身が人を不快にしてしまったエピソードは伏せられることが多いという偏見がある。だから、誰のことも傷つけたことがない成人君主しか成功者になれないと本気で思っていた。この本を読むまでは。

4日前

Ed9eb801 1b34 4184 977c 2e73dcf7d60117df5234 b9e5 4ab1 aab4 edf1339aef9e9c7492b9 a05e 484f a535 afbcf9f1b230 107
東京奇譚集

東京奇譚集

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

かたちあるものと、かたちないものを選ぶことになったら、かたちないほうを選ぶ。すべての水は与えられた最短距離を通って流れる。

4日前

Ed9eb801 1b34 4184 977c 2e73dcf7d601Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2Icon user placeholder 48
白い巨塔

白い巨塔

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ドラマを見てなんとなくあらすじや結末も知っていたけれど、改めて原作を読むと面白くてあっという間に5巻読んでしまった。

5日前

48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991