51mvbpzpafl

「実を言うとね、僕は以前は犬だったんだよ」「犬ですって」「うん、コリーだったんだ」-とことんオフビートで、かぎりなく繊細、村上春樹があらたに見出した、アメ... 続き

コメント

オチというオチがなく終わるのがまるで詩のようでしかし語り口調は小説で淡々と描かれている。
人物や背景の描写が美しくて読んでいて心地よかった。

その他のコメント

これは、語り口がよいということなのだろうが、正直とっつきにくかったのは、日本語訳で読むからなのか。なにか入り込めないものを感じたが、最後の物語は面白く読めた。インテリジェンスを感じはするが、それがなに?となってしまう。小説としては読まない方がいいのかもしれない。

読者

29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc60e48ca4 304e 4b6f a5a9 4bfecdb91ac3931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434aC6d2e74d f9d5 4615 bea6 b8965495a867 4人

文庫

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

今日子さんの魅力にぞっこん! いつかの「今日の今日子さん」 忘却探偵だけに、設定がややこしくもありシンプルでもある。 「記憶」にまつわるセリフが、度々、心にささる! とにかく、今日子さんのファションセンス、テキパキさとお茶目さ、がめつさ!?が好き!

1日前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bAe690d6b 917b 49a0 a666 75d8f1d9a63dB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24 12