51k6jzbeqtl

コメント

生物学や遺伝学など犬についての科学的研究結果から、犬の由来や行動、性格などを分析、理解しようという本。遺伝子について書かれた部分などちょっとこれは難しいな、というところもありますが犬はなぜ人間の世界に入り込んできたのかとか、犬と狼の比較など雑学的に読める部分もあります。その部分は面白く読めました。犬は足跡のにおいを判別できるなど本の中で紹介されている研究結果に驚くものもあり。足跡のにおいを嗅ぐという、人間が普段触れも考えもしないことを犬はやっているのかと。犬の世界を少しずつ知ることができる本です。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

暮らし

脳はバカ、腸はかしこい

脳はバカ、腸はかしこい

5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b

masa

こんにちは!読書大好き人間のma…

腸は第2の脳と言われいるが、著者は腸が喜ぶことをした方がいいと端的に言っている。 理由3つ 1.腸は病原菌を排除する 2.ビタミン類を合成し、腸内で幸せホルモンのセロトニンやドーパミンを作り脳に運ぶ 3.脳は客観的にモノを見ない。腸は頑固に正常になるように平素から働く。 すなわち、腸の健康が心身共に健康な体にしてくれる。その為に重要なのは食事。 どんなものを摂取すると腸が喜ぶ紹介されている。

約23時間前

Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d5ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30
一生使える脳 専門医が教える40代からの新健康常識

一生使える脳 専門医が教える40代からの新健康常識

5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b

masa

こんにちは!読書大好き人間のma…

認知症は現在で7人に2人発症していると言われるが、超高齢化社会が進むと益々増え、正に国民病と言える。 前頭前野のワーキングメモリ(脳の司令本部)を整えることが欠かせない。 ☆ポイント3つ 1.脳の使い方 2.身体(健康方法) 3.外部環境(周りに頼れる環境) の3つからボケを遠ざけ、一生使える脳の育み方が具体的に紹介されている。

6日前