516anss8xyl

連続児童殺人事件-姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。史上初の、劇場型捜査が始まる。 続き

コメント

巻島という一人の人間の生きざま。重厚感。胸が熱くなりました!

その他のコメント

映画化するだけあって、設定がオモシロイ! ふとしたときに、緊張感ある本が読みたくなる。

読者

6cb987f6 b4ae 4c60 99e9 f8869242e347B37a9f23 0b5d 457a 8b08 c5f221174be0Akiaivjyeuyp25rambwa 3人

雫井脩介の本

クローズド・ノート

クローズド・ノート

D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12

alice

本の中が私の幸せ。

少し読んでは保留にして読み直すこと3回目。やっと結末を知ることができました。 少しずつ引き込まれて、まるで伊吹先生のノートを読む香恵みたい。続きが気になるけど、終わってしまうのがもったいないような気持ちで読んでいました。読んでよかった…

約2か月前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779C3659d29 bd5d 4334 9063 68f5cb4121f6D7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f4 18
望み

望み

47834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283c

ゆう

高2/ミステリー好き/フォロワー…

現実離れしたテーマではあるが、誰にでも起こりうる。そう考えさせられ、家族というものが大切であると感じた

3か月前

犯人に告ぐ〈上〉

犯人に告ぐ〈上〉

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

劇場型捜査で連続殺人犯を追う警察小説、という設定に惹かれて手に取り、するする読み進めた。 闇に沈んだ犯人をもう一度浮かび上がらせる事、そのためのエサに自分がなる事、つまるところ、この小説はそんな捜査官の物語。 突拍子もない話でありながらも荒唐無稽にならないのは、きちんとリアリティが残されているからだと思った。組織の重たさ、私利私欲、間の悪いミスと、狙い澄ました悪意…。 こんがらがった悲痛と慟哭が、クライマックスに向かって少しずつ混じり合っていき、すました顔も遂には歪んでしまう。特別な盛り上がりはないけれど、静かに熱く終わっていく物語だった。 「おそらく、あの日以降、今に至るまで、救いのない人生を送っていることだと思います。」 逃げ果せたのか、逃げられなかったのか。 或いは、絡まったままだったのか。 読み終わってからずっと、そんな事を考えてしまった。

4か月前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecB0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81dFa7c9bd8 fba5 424a 8307 b5e176404e18 8