41eaj4f36xl

日常に侵された脳髄を搔きくすぐる、名状しがたい幻視と惑乱。冥境から降り来たる歪形の奇想。ありふれた想像を凌駕する超越的感覚と神経症的筆致で描く14の短篇。... 続き

コメント

ポーランド唯一の怪奇小説家と言われる作家の短編集。ラヴクラフトにも擬せられるというが、同じ超自然的な存在なり現象なりを題材としてはいても、クトゥルフ神話のような不定形な存在との邂逅ではなく、日常の中に垣間見える恐ろしさ。物や土地に宿る忌まわしい過去が何かの拍子に目覚め、そこにいる者に不幸な影響を与えるというやりきれなさがやや装飾過剰な文体によって薄暗い華やかさで描かれるのはなかなか癖になる。その薄暗い華やかさは、同じくポーランドの映画やポスターなんかに見られる、彩度の低いモノトーンの重苦しさの中にふと見える濃厚なあでやかさとも通底するようだ。邦訳がもう一冊出ているので『動きの悪魔』、そちらもいずれ。

その他のコメント

ポーランドの怪奇小説家。
ラヴクラフト、ポーの香りに東欧の湿った感じが加わった、他には無い世界。
物凄かった。
再読します。

読者

1c9b4d2b 48db 427c a8c8 01d68e3893721320faa6 2572 4fa7 aded 6a0c7d14efe1995cf149 14e7 49bf bd47 a80e3e976cf3De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c778c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed05568384 ab95 4018 86d5 f621d1ac22bf309e23d1 2ec6 4943 91de 38899819fe1f 15人

文芸

41nec0rcskl
28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

「ワム!の〈ラスト・クリスマス〉をゴーストライターとして作曲したいという日本人がいるんです」、その事実を追い求めるノンフィクション風小説。とっても面白かった!音楽好きな本好きにオススメです!

約5時間前

31sbybl7gfl
Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

これまで読んだ恋愛小説の中で、一番ぐっときた。この人の文体が合うんだろうな。ま、人それぞれだ。

約6時間前

41631c2jsel
90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a

m___ay520

like books

完全な恋愛小説ではないけれど、きゅんとしたり涙が流れたり、切なくて苦しくなったり、いろいろと考えさせられたり。読みがいのある一冊でした。

約7時間前

Ee0afcc0 4d0a 4ebf 966d 9cd1e480d48a42efc644 a74b 4417 9cb6 591a185787dcE7b02377 24b8 4102 a5af b06d83291547
51jzpjud7 l
1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

短編と短編の繋ぎ方がなんとも絶妙で、長編を読んでいるようでした。これに連なる、連作小説「鏡の花」読むのが楽しみになりました。

約7時間前