51cei7ytmal

コメント

もしかしたら今一番面白い時代小説かもしれないこのシリーズの七作目。不幸な事故から凄腕の放火魔になった天才花火職人。主人公たちの活躍で火刑に処されたはずの放火魔の手口を思わせる放火が相次いで、という話。正直なところストーリーには少しマンネリを感じなくもなかったがそれでも読ませる力はさすが。主人公とその周辺の花形火消たちが一同に会して難しい火事の消火にあたるシーンがすごい迫力でもしかしたらストーリーは二の次でこの凄い消火シーンがとにかく書きたかったのかな、とも思った。面白かった。

その他のコメント

7巻目に突入。
これは、オールキャスト総集編ですか!笑
新しい謎も。新しいキャラクターも。
火消の名前が多くて大変ですが、読んでくうちにわかっちゃうという、今村先生の魔法でスラスラ読めてしまいました。
今回は悲しい話が土台にあります。
そして、以前の巻では語られなかった、源吾と別れた後秀助が花火をあげるまでの話。泣けます。

2018/12 読了

早くも7巻目。
過去のシーンを織り交ぜながら、今の日付の謎に迫る。秀助の亡霊? との戦い。江戸の火消し連合軍の活躍! しっかりと伏線も回収。これは、シリーズの中でもお気に入りの1巻になるかも。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c721ff227 6404 486e a136 194741a375b41525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 3人

今村翔吾の本

玉麒麟 羽州ぼろ鳶組

玉麒麟 羽州ぼろ鳶組

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

おそらく今一番乗ってる時代もの作家の出世作シリーズ。最新が出てるのでこれは一作前のやつ…と考えるとほんと多作というか作家のノリ具合が分かる。本作ではボロ鳶火消し組のナンバーツーで剣の達人ではあるが一見軽薄でいじられキャラの若者が主人公。都内でも有数の商家が押し込み強盗に入られ主人以下が殺され放火された現場から若者が商家の娘を連れて逃げるところが目撃される。その後行方をくらましてた若者だがボロ鳶は幕府から謹慎を命じられ身動きが取れない。本当に若者が罪を犯したのか〜シリーズの読者であれば何か事情があったのだろうとわかるのだが〜その事情は何か、またボロ鳶達が動けない中、若者を誰が助かるのか、江戸中の火消しと火付盗賊改が追う中、若者の逃亡がどうなるのか、というシリーズの中でも屈指のスリリングな展開が見事。期待を裏切らない面白さでした。

約1か月前

93ad8958 9085 411b 8343 df0eaad3670b721ff227 6404 486e a136 194741a375b422461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1
双風神 羽州ぼろ鳶組

双風神 羽州ぼろ鳶組

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/07/21 読了 明日、休みなのに任せてお酒を飲みながら一気読み。 緋鼬を消す方法は直ぐに思いついた。これに星十郎が気づかないとも思えないのだが……。 源吾ご大阪の火消しを取りまとめるところは鳥肌が立つ。 それにしても、また一人、物語から居なくなってしまうのは悲しい。

3か月前

48a16577 8d97 4cdf ae05 8bc639851982A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6561525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4