517ncge%2bsvl

発行元から

猫にまつわるエッセイやマンガ、47話を収録。

目次

我が家に猫がやってくる(角田光代)
庭にあらわれた猫(片岡義男)
猫に名前をつけるのは(村上春樹)
猫のいる風景(堀江敏幸)
夜中の猫(吉本ばなな)
猫だつて夢を見る(丸谷才一)
背中の黒猫(鹿島茂)
マイケルの1日(小林まこと)
猫は絶対妥協しない(横尾忠則)
仔猫と自転車(穂村弘)
小説家がペットと暮らす理由(浅田次郎)
小猫(幸田文)
犬が育てた猫(吉行淳之介)
どうぶつ記(長谷川町子)
漱石夫人と猫(半藤末利子)
ねこの話(加藤典洋)
客ぎらひ 抄(谷崎潤一郎)
猫六題(寺田寅彦)
『私家版猫事猫信ことわざ小辞典』(柳瀬尚紀)
猫には七軒の家がある(金井美恵子)
ネコの手を借りて(池澤夏樹)
猫も食わないA定食(柴田元幸)
近所の猫(武田花)
多難のミケマル(大島弓子)
一年ののち(小池真理子)
猫の卵(いしいしんじ)
猫の葬式(小倉千加子)
十二月の猫(伊集院静)
路地裏のしきたり(平川克美)
猫の叫びに(佐伯一麦)
猫と墓のある風景(高橋源一郎)
民宿のシンメトリー・キャット(平出隆)
東京野良猫ストーリー(佐々木幹郎)
猫(水木しげる)
猫と形而上学(澁澤龍彦)
盲目的なペット愛を見ると発狂しそうになる(安西水丸)
猫はなぜ二次元に対抗できる唯一の三次元なのか(斎藤環)
猫に教わること(野坂昭如)
震災後の動植物(中井久夫)
実録・らも動物園(中島らも)
たむたむたいむ(田村由美)
五〇円や一〇〇円の魚ならともかく(麿赤兒)
猫にお正月はあるのか?(保坂和志)
猫への手紙(アーサー・ビナード)
もったいぶり屋の猫(田中小実昌)
猫(伊丹十三)
『猫とあほんだら』あとがき(町田康)

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

約1か月前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad5629 38