5103ea20yfl

コメント

うーん、正直、わたしにはこの作品での、この作家の冗談は、わからなかった。うーん。

その他のコメント

2回目か3回目
ヴォネガットはこの辺の笑い多めのが好き

読者

236f8dd7 1cf9 4616 a8ad 7fb5a0d924c22fdd78d3 53df 4164 867e 80da2428c7f9Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113C606d581 9cd3 48da a7e1 ad89eac82881Icon user placeholder5cd8c4cc 4698 4a53 8909 14f61ee9f86cF4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186 15人

カート・ヴォネガット・ジュニアの本

タイタンの妖女

タイタンの妖女

Icon user placeholder

gemini

seeking for

和訳が直訳難解すぎて残念だけど、自分が殺した親友を生きる糧としていた主人公や 、水星に残るボーア、戦争の不気味さなんかが心に残る。ダリの世界観で映像化したらおもしろそう。

6か月前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2D7c23089 7448 45fa a433 483c46fbe5c9Icon user placeholder
ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを

ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P146 「こんにちは、赤ちゃん。地球へようこそ。この星は夏は暑くて、冬は寒い。この星はまんまるくて、濡れていて、人でいっぱいだ。なあ、赤ちゃん、きみたちがこの星で暮らせるのは、長く見積もっても、せいぜい百年くらいさ。ただ、ぼくの知っている規則が一つだけあるんだ、いいかいーー なんたって、親切でなきゃいけないよ」

約2年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd
スローターハウス5

スローターハウス5

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

2017年の8月末日、北朝鮮の中距離弾道ミサイルが北海道上空を飛んで太平洋上に落下した。そのことによって今までにないくらい、戦争の気配が濃厚になったような気がする。911の時には対岸の火事のように見えていたそれも、いよいよ日本もまた戦争に巻き込まれそうになるんじゃないか、みたいな微かな不安がネット上で浮かび上がる。 - スローターハウス5は、ドレスデン爆撃を経験した著者の、フィクションとノンフィクションが交差し、「けいれん的時間旅行」によってそれを追体験する小説だ。解説に書かれていたが、今まで書いた小説の登場人物や世界観設定がそのまま引用されているらしい。 - 極めて著者に近いビリーという主人公が、戦前と戦中と戦後を行ったり来たりして、時に過去作の登場人物と会話し、過去作に出てきたトラルファマドール星にアブダクションされたりしながら、相互に影響を与えながら物語は進んでいく。 - 何かが死んだときに言う「そういうものだ」と言う決まり文句が、人間一人にはとうてい抱えきれない悲劇を経験したものにしか感じることのできない実感なのだろう。 - 空襲のシーンが動画の「巻き戻し」のようになり、爆弾が飛行機に収まっていくというシーンがとてもキレイで印象に残っている。

約2年前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b24f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 24