51csohibdal

幸せの形は、十猫十色。「人間と猫は、一緒にいたほうが幸せなのか?」「それは、めぐりあわせだから」「猫弁」の著者が贈る、猫と人間のあたたかく切ない絆の物語。 続き

コメント

大山さんらしい、連作短編。飼っている猫を大事にしようと改めて思った。

読者

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

大山淳子の本

赤い靴

赤い靴

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

のんびりとした「あずかりやさん」などのイメージだった大山淳子先生。唐突に起こる殺伐とした殺人と逃避に、少し驚いた。 冒頭の「葵」は精神を病んでいる。そして、山の中の「葵」は憧れるほど強い。 主人公としての「葵」の印象が薄いのは、段落ごとに語る人物が変わるからだろうか? 親とは何か、育てるとはどう言う事なのかを、考えてしまう。 唯一、笹本一家に温度を感じる。これが大切な事なのかもしれない。

4日前

(15-1)あずかりやさん

(15-1)あずかりやさん

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

優しくあり、押し付けない。それでいて、その人にとって大切な事は何なのか察っした上で関わりを持つ。主人公の人となりが、いろんな人を助けて行く物語。誠実でいる事がなぜ大切なのか感じられる本だと思いました。

3か月前

Icon user placeholderD24ac79e 28c1 4912 b387 762c0b09ea76Fd0c506d 35fa 4b56 adb7 32f324602126
あずかりやさん 桐島くんの青春

あずかりやさん 桐島くんの青春

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「あずかりやさん」桐島君の青春を描いた「海を見に行く」は、怒ったりトキメク姿に、チョット安心しました。若い桐島君は「二人が僕を不幸だと決めつけている事が悔しかった」と。心に残る一言でした。 他三編は、若い桐島君から何年かたった桐島さんと関わる、「物」や「人」のお話です。桐島さんはあんまり出てきませんが、彼を表すのに1番いいのは、周りにいる物や人なのでしょう。

3か月前

A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd0144ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9eAf7a64cc ea13 4b02 a64d 5fbfcb91e621
光二郎分解日記 西郷さんの犬

光二郎分解日記 西郷さんの犬

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

上野公園・西郷隆盛の銅像が盗まれた。元理科教師で、道具や家電の分解・修理が趣味の祖父・光二郎と、その孫で現在浪人中のかける君。光二郎が振り込め詐欺に遭ったことをきっかけに、二人が事件を解決していく。 「推理小説」としてトリックを楽しむ、というより心に栄養を与え温かい気持ちになるための本。家族の絆や老人の人生が再生していくというテーマは、光二郎の「分解・修理」にピッタリ。また、人の手助けをするためにも、「暇人は必要」という話もなかなか面白い。

9か月前