51enwkn34hl

東京から北越の温泉に出かけた「私」は、ふとしたことから、「繁華な美しい町」に足を踏みいれる。すると、そこに突如人間の姿をした猫の大集団が…。詩集『青猫』の... 続き

コメント

憧憬と現実のギャップに苦しみながら生きていくしかない。
時代背景と著者について知を深めることで、より味わうことのできる物語だと思いました。
自由と孤独が閃きを与えてくれる
人生の意味なんて、終わりの時を過ぎても分からないままなのかも。
随筆も非常に興味深かったです。

その他のコメント

わたしが見る夢と朔太郎の描く世界って、なんだかとってもよく似ている。

ずっと表題作を読んでみたかったから、というのもあるけど、「岩波文庫読む人、かっこいい」もあって読みました。

読者

Icon user placeholderC185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb1Fe789b40 eba6 44e1 a6b8 90882761e35e2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855bIcon user placeholder16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c32c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86F940121d f36a 4d88 a643 ac9b8b6be749 13人

萩原朔太郎の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

1年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10
猫町

猫町

43b4f011 d982 4072 b657 bd054157bb92

tk

ジャズと珈琲と自転車が好き

気付いたら其処は猫の街だったーー美しい言の葉と版画で綴られるとびっきり幻想的でノスタルジックな物語。

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992