51ubnfrhvbl

大災厄に見舞われた後、外来語も自動車もインターネットも無くなった鎖国状態の日本で、死を奪われた世代の老人義郎には、体が弱く美しい曾孫、無名をめぐる心配事が... 続き

コメント

その他のコメント

言葉が制限される世界を表現する多和田葉子の言葉の豊かさ。

読んで半年経つのに、リアルに思い浮かべるイメージがある。3.11をドイツで体験したからこそ書けた作品。これぞ文学の力!

読者

Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6A1f0cf18 cd3b 436b 9e21 13edaa9ee4be89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cE8f6f990 2154 4f99 807c 6f9938ae8211 46人

多和田葉子の本

暗黒グリム童話集

暗黒グリム童話集

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

童話といいながら さすがに子供には読ませられない内容でした 暗黒って言ってますもんねぇ

1年前

3ef4c210 ea7e 4333 990e e66b1e6fbb8f55cdf1f4 ce41 4df5 8360 6fdfc3dc27672466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e223 8
百年の散歩

百年の散歩

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

偉人の名を冠したさまざまな通りを歩きながら、目に入るものを観察し、人々の会話に耳を傾け、「奇異茶店」で休み、物語を妄想し、物語を折りたたまれた時間/空間の層にまぎれ込んで、ベルリンという都市の百年を彷徨う私。「あの人」を待ちながら。

2年前

6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369b70f8d1b1 93f2 4b1d 9860 90f919c5ac48A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed228