51wo teb2bl

一九六八年、五月革命の余燼の中、パリに降り立つ。ソルボンヌ、学生寮、屋根裏部屋での生活。そして現代まで。今も残るレストラン、カフェ、ホテル、そこに生きる人... 続き

コメント

パリと聞いて思い浮かべる情景が郷愁を交えて描かれていて、こういう思い出の地を自分も持ちたいと思わせる。挿絵も素敵。

読者

A9362349 a6c4 4adb 9e56 eee2d300767e

玉村豊男の本