Btn appstore Btn googleplay
51f7ee1taxl

『さよなら妖精』から十年のときを経て、高校生だった太刀洗万智は、異邦でふたたび大事件に遭遇する。絶賛を浴びた『満願』をも超える、現在最注目の著者の最新最高傑作! 続き

コメント

一度解けた謎が、振り返ると面白くなくなっている、というのは正しい。むしろ、この小説が言っているのは、私たちの人生に稀に訪れる謎解きは、一度解けてしまえば、最初の高揚はあっけなく去り、砂を噛むような風景が広がり、ただ巻き込まれるしかなかった無力感ばかりが襲うような、そんなものだと。けれども、この小説の主人公 太刀洗は考え続ける。ある区切られた範囲でしか生きられない自分と世界の関係を。拒否と非難を、自分に正面から告げてくれたひとの「親切」に感謝しながら。ああ、いい小説だった、もう一度読もう。

その他のコメント

情報が溢れかえる現代。一昔前なら受け取る媒体は主に新聞やテレビ程度で受け身であっただろうが、今はキュレーションやネット媒体が主になっていて、自分の興味のある、気になるタイトルの記事を能動的に取捨選択して見聞するコトが多いだろう。そうやって次から次へと流速で消費してゆく。そうしなければ余りにも多種多様な情報の渦に揉まれて溺れてしまう。中には消費するだけのモノもあるし、中には自分以外のヒトの目にも見て貰いたくなり拡散する。そう、簡単に拡散出来てしまうのだ。
それは、間接的に誰でも情報を発信してしまうコトに他ならない。また、少し積極的なヒトならば、その情報を元にSNSやブログで自分の意見を書いて発信するかもしれない。こうなるともう直接的な発信だ。
特別な(例えば記者などの)肩書きがない一般市民でも、特別な手続きを踏まなくとも、容易に情報は発信出来てしまうのが現代だ。
さて、間接的直接的どちらの場合においてでも、発信者として、その情報の内容の真偽を深く吟味しているだろうか? その情報を発信拡散するコトによって起こりうる先を見据えているだろうか?
現代社会において、ヒトは誰でも容易にサーカスを呼んでしまうコトが可能になった。
それに対する警鐘と戒めのものがたりのように感じた。

記者であり続ける主人公の思いは、物語を書き続けていく作者の思いでもあるのでは。優しさ、憎しみ、悪意、祈り、様々な感情に心を揺さぶられました。

読者

Icon user placeholder469be450 d667 4638 9ee4 66ced91f7dbaAce3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1cIcon user placeholderA900dd0f 949e 4115 b866 054dfdc7065cIcon user placeholder1fdb7195 355c 42fa 8971 c48418149724Dd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d12 86人

米澤穂信の本

巴里マカロンの謎

巴里マカロンの謎

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

11年ぶりの「小市民」シリーズ。 小鳩くんと小佐内さんにまた会えて嬉しい。 時系列的には一年生の9月から1月まで。 つまり 春期限定 一年生の春 巴里マカロン 一年生の9月〜1月 夏期限定 二年生ほど夏 秋期限定 二年生の秋から三年生の秋 といった、時系列になります。 夏期限定の前なので、まだ気軽に読める時期ですね。 いちおう連作短編形式だけど、バラで読んでも問題なし。 長年のファンとしては「秋期」のその後、「冬期」を待ちわびているので、米澤穂信先生ホントにお願い致します。

1日前

E34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42Icon user placeholder
秋期限定栗きんとん事件 下

秋期限定栗きんとん事件 下

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「小市民」シリーズ第三弾の後編。 ミッシングリンクの処理が良い。我鍋に綴じ蓋。「体温上がる」一作でホントこの二人大好き。 マロングラッセと栗きんとんの比喩が好き。続編を待ち続けて幾星霜。『巴里マカロン』が出たけど、時系列的には前の話なのかな? 冬期が出るとするなら、二人を「すり潰すような強キャラの登場が必須だと思う。

9日前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 19
秋期限定栗きんとん事件〈上〉

秋期限定栗きんとん事件〈上〉

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「小市民」シリーズ第三弾。秋という割には1年間通して進行するシリーズ初の長編作品。 小鳩くんと小佐内さん、自意識過剰気味な高校生のお話。拗らせてる感じが堪らなく好き。シリーズ中でも特に好きな作品。

9日前

Icon user placeholderIcon user placeholderE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42 20
夏期限定トロピカルパフェ事件

夏期限定トロピカルパフェ事件

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

小佐内さん流石にそれは! 甘いだけではない二人の関係に変化が訪れる。 自意識過剰気味のふたりの関係性の移ろいが面白い。 人間本来の性質は、なかなか隠しきれないもの。抑えつけようとすると、こういう風に暴発してしまったり。

18日前

Icon user placeholderEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Icon user placeholder 24