Btn appstore Btn googleplay
61j7twhr9zl

パリはヴォージュ広場の片隅にたたずむ、ルイ十四世が寵姫のために建てたという「王妃の館」。今は、一見の客は決して泊めない、パリ随一の敷居の高さを誇る超高級ホ... 続き

コメント

雑誌連載を編集せずそのまま纏めたような構成で、登場人物が多いのもあって話がとっ散らかっている印象。個人的にはメインの現代よりも、作中小説である十七世紀フランスの物語が面白く展開が気になって読み進めた感じ。
全体を通しギャグというにはパンチが足りず、コメディというにはストーリー性に乏しい。いちいち地の文でネタの解説をするので白けてしまう部分が正直あり。また下ネタ(エロではなく排泄の方)が大半で下品に感じるので、突然「戦後の日本人論」を展開し始めるオチと併せて好みが別れるかも。
2015年公開の映画がとても好みだったので読んだ原作ですが、映画とはかなり雰囲気が違って。。。正直私にはちょっと厳しかった。

その他のコメント

現代の登場人物たちと王妃の館に関わる17世紀の人々の境遇が重なり、笑いだけの小説ではない。だが、悲しい話の合間にも笑いを誘うシーンなどがあり、浅田次郎氏らしい作品。映画化された作品はどんな仕上がりなのかは想像できない。

ルイ15世とベルサイユが好きになる。

読者

003eef5e 42f5 4765 af57 c57211b35315C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b05869e97 438c 425a a124 54c865af4a1fFaf24e08 9ed7 43af a012 70a344671d4a8b63e021 a874 4068 b8d1 faa2035bc15f 9人

浅田次郎の本

パリわずらい 江戸わずらい

パリわずらい 江戸わずらい

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川

よろしくお願いします。

東京育ちの浅田次郎さんらしい軽妙な語り口のエッセイ。確かに2,000円札がご当地の都道府県の偉人が肖像だったら盛り上がっただろうなあ‥という気軽に気分転換にという一冊です。

4か月前

もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee

Mana

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

6か月前