41qilbo0 ol

コメント

華麗なる屁理屈
原作の格調高さと加筆後の(もちろんいい意味で)低俗さが無理なくマッチしている様がフフッとなるシニカルな話の数々。蜘蛛の糸が好き。著者曰く天界にはバーミヤンをはじめその他チェーン店が充実していて、なんとも言えない良い匂いを漂わせているらしい。

その他のコメント

A2を観て、本も読んでみたくなった。この人おもしろい

読者

9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0Icon user placeholderIcon user placeholder4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353519ddf7a ede9 45b4 aae8 946dcf1207c200a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920C9e70eb9 5b05 42ca aef2 4e70df0323f0F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 34人

森達也の本

波止場日記――労働と思索

波止場日記――労働と思索

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

沖仲仕の哲学者エリック・ホッファーが綴る労働と思索の日々。沖仲仕とは「船舶内で貨物の積み降ろし作業に従事する港湾労働者。船内荷役(にやく)作業員。」デジタル大辞林 機械化やコンテナ船の登場によって姿を消した労働形態である。 ちょうど同時期の横浜の状況で説明すると「労働時間は朝7時半に足舟または専用バスに乗って作業現場に到着、12時まで作業、1時間休憩ののち18時まで作業を続け、18時半に朝と同じ場所で解散というのがふつうであった。そば一杯が35円の頃(昭和33年)日雇い賃金は班長の場合896円、一番低い4級労働者で480円の時代でもある。人手と手間がかかる労働であった。」『図説横浜の歴史P396より』 「第三十九埠頭で八時間。楽しい一日。仕事は次々あったが、きつくなく、しかも相棒がよかった。うんざりした日になるのは、きまって仕事のせいではなく、ときどき仕事に伴って生ずる不快なことのためである。性急さ 論争、あつれきなどで、疲労し、また気落ちするのである。五分間口論するよりも五時間働いたほうがいい。」 P53 十月五日 「確かなことが一つあるー絶対的な権力はその所有者を、神のごときものにではなく神に反するものに変えてしまう。神は粘土を人間に作り変えたが絶対的な暴君は人間を粘土に変えるからである。」P194 四月一日

1年前

03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209fD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869
いのちの食べかた

いのちの食べかた

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

とてもわかりやすい文章でしたよ。 最初は肉や食べ物の話が中心で、表紙のイラスト通りの内容かと思いきや、日本の歴史が充分に盛り込まれた1冊になっていました。 話が二転三転して落ち着くところに落ち着く様になっています。

約2年前

チャンキ

チャンキ

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

メディア論的なエッセイでいつも面白く読ませてもらっている森達也さんの、長編小説。 ずっと気になっていて、やっと読めました。 死ぬことを通して生きることを考える作品。 最後駆け足で、「ん?」と思ったけど、 だいたいはっきりした結末は絶対の正解をハッキリと描かないのは、森さんらしい、のかもしれない。 小説の中の世界では「タナトス」という、急に死にたくなる流行り病?が日本だけに起こるという設定だったけど、 別に小説の中だけじゃなくても、私もいつ死ぬかなんて全然わからない。とおもう。 なのに、どう生きるべきか、ちゃんと考えられてなかったなぁ。。。

約2年前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f7