51%2bxakelunl

五年前に失意の美星を救ったのは、いまは亡き大叔母が仕掛けた小さな"謎"だった-。京都にひっそりとたたずむ珈琲店"タレーラン"の庭に植えられたレモンの樹の秘... 続き

コメント

今までと違って短編集
今回で4作目、すごく登場人物達に愛着と安心を感じるようになってきた。
読み終わった後、少しだけ口角が上がるような感じだったなぁ。

梶井基次郎の檸檬を高校の授業でやったのを思い出しました。
今までとは違った雰囲気だったけど面白かった。

シリーズ4作目

今回は美星さんだけじゃなく アオヤマさんの推理の披露とかあります
猫のシャルルの話もなかなか良かったです

語り部がアオヤマではない、短編集みたいな印象でした。

1巻2巻まで持ってるが、美味しそうなコーヒーのエピソードと謎解きがワクワクします。

読者

C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d552441d909 2217 40db 860a 438a4b7b7884E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholder218650bc 089c 483e 92a2 20e17d1140dc427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bBfbe0e00 8adb 4f6b 8f55 93ad66afa613Fe6ab853 69fc 419a 907a 005505276806 12人

岡崎琢磨の本

春待ち雑貨店 ぷらんたん

春待ち雑貨店 ぷらんたん

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

4話からなる連作短編集 ターナー症候群である主人公の北川巴瑠が 辛い自分の運命と向き合い 学生時代に雑貨店でバイトをしたことをキッカケに ハンドメイドアクセサリー作家となって 自分のお店を切り盛りしながら日々を過ごしている お店には不思議な出来事が舞い込み 巴瑠はひとつひとつに寄り添い 優しく解きほぐしていく うまくいかない人がうまくいっている人の足を引っ張るのは よくあることだけど うまくいってる人にも悩みや辛い運命があって 唯一大事にしているものを拠り所にしている場合もあるのに 何も知らない人が妬みだけで 嫌がらせをするのは 自分勝手だと思う

5か月前

C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55B9cd55a0 b987 4296 b5ea c7d0fa42e3fa147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e
さよなら僕らのスツールハウス

さよなら僕らのスツールハウス

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シェアハウス「スツールハウス」に住む人達 新築時から住んでる 鶴屋素子 彼女がいた時期に ハウスで起こった謎 様々な出来事を通して 彼女の秘密が明かされる 自分と合わない人がいないなら シェアハウスはとても楽しそうなんだけど やっぱり大なり小なり問題が起きるとちょっと面倒くさそう

10か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eC6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d559b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
病弱探偵 謎は彼女の特効薬

病弱探偵 謎は彼女の特効薬

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

6話からなる連作短編集 主人公の山名井ゲンキは病弱な幼馴染の貫地谷マイのために 学校で起こる不思議な事件を話して聞かせる マイの唯一の慰めはベッドで謎を解くこと 万引き事件、持ち去られた短冊、着替えられた浴衣、妨害された応援合戦、何度も借りられる図書、音痴になった事件 それぞれをマイが解き明かし ゲンキが関係者に話をするというパターンが出来上がっている タレーランを書いた作者なので あんな感じで 読みやすいです

11か月前