51c7jxzf81l

列強諸国に蹂躙され荒廃した清朝最末期の北京。その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰... 続き

コメント

蒼穹の昴から続くシリーズで、こうも書き方や視点が変わると、雰囲気が変わるのかと驚かされました。芥川龍之介さんの『藪の中』風でありながら、浅田次郎さんの人間愛があふれる一冊です。
そして僕は『中原の虹』へと誘われるのであります。

読者

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aIcon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24102e8aacb bac1 4f02 b9a2 8c5d4a8336227d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00 7人

浅田次郎の本

神坐す山の物語

神坐す山の物語

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

奥多摩の霊峰、御嶽山。山にはいにしえから神々がいるとされ、崇められている。実際に山を徘徊していると、古い祠があったり、参道と思しき道に出くわしたりすることは多い。『遠野物語』を意識したという、お伽話。

3か月前

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864Icon user placeholder
プリズンホテル〈3〉冬

プリズンホテル〈3〉冬

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

"なんて運の悪い子だろう。- でも、もしかしたら - もしかしたらこの子は、恋人の投げた手桶に偶然あたったのではなく、手桶の下に頭を差し出したのではないかしら"

6か月前

003eef5e 42f5 4765 af57 c57211b353153ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009