41mbd4 apyl

たとえば一九一七年に発表されたデュシャンの『泉』。この作品は工業製品である便器がそのままアートとして出品されたものだ。仲間のアーテストたちにも「はたしてこ... 続き

コメント

現代アートについてどのように理解を深めていくかを教えてくれる本。読みやすくわかりやすい文章で入門書に最適

マティスから始まってピカソ、カンディンスキー、キルヒナー、デュシャン、モンドリアン、マグリット、ロスコ、ウォーホルなど現代アートの流れがわかりやすく書かれていて、現代アートを見るのがより楽しみになった。

読者

C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54Icon user placeholderIcon user placeholderF92a7203 6d21 4c89 ae48 5c18dc4d61d6Picture1d81bd6b ea96 4934 9105 ac4d328008431683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde4912fd57f3 9fb1 43f4 a1db 5e985776ce8d 10人

藤田令伊の本

企画展がなくても楽しめるすごい美術館

企画展がなくても楽しめるすごい美術館

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

美術館の企画展に行列する人々、私もその一人に違いないのですがーー。 いつの日だったか、興奮して企画展を見終わった後に、落ち着いた空間に惹かれて入った常備展示に感動した事があります。 隠れた素敵な美術館をゆっくり回りたい。

4か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee