51zknzmflll

なぜ座布団に正座するのか?「下半身を省略」するためです。ついに出た、落語論の新機軸!!ユニークな活動で注目される談志の孫弟子が、落語の面白さをイチからお教... 続き

コメント

「現在落語論」とても面白かった!
年末に刊行されてから、タイトルと良い装丁と良いかっこよくて気になっていたのだけれど、お正月ドラマ「赤めだか」が面白くて、原作の「赤めだか」も一気読みした勢いで購入しました。
なんとなく敷居が高いと感じていたけど、論理的に、そして僕らの感覚に寄り添って落語論を展開していて面白かったなぁ。いよいよ生で落語を観に行こうと思えたので、自分の中で意義のある1冊になりそう。
実際に「立川吉笑」で調べたら、とても精力的に活動されていて(TwitterやHPの見やすさ、案内の丁寧さたるや!)、土曜日に渋谷で観られるそうなので、行こうと思う。

読者

C8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373

新刊

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

約3時間前

6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b15d87be5 7429 4862 b4af 898ad19af76dB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947 22
現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0083 2018/12/11読了 現代語訳が分かりやすくて面白かった。 注釈も同じページに書いてあるのでよい。 お話自体は短いので読みやすい。 でもあっさり死んでしまってびっくり。 本編ももちろんだけど、解説も面白かった。女性の表現活動の歴史についても興味を持った。

約4時間前