514vh7bx6gl

どの物件にでも起こりうる事件。感動の“賃貸ミステリ”。思わず涙する極上短編集。 事故物件公示サイト「大島てる」管理人 大島てる氏推薦! 「原発だって事故物... 続き

コメント

「賃貸ミステリー短編集」
凄腕の専業の瑕疵借り屋「藤崎達也」。
謎を解くというより、瑕疵の事実を軽くする為。仕事ですから。。。しかし、それに救われる人達がいるのも事実。影の薄い藤崎さんは沈着冷静に、彼を訪れた人達の疑問を解決していきます。
チョット涙目になる地味な藤崎さんに興味が湧きました。今回は主人公の背景には触れていませんでした。何故彼は専門瑕疵借り屋になったんでしょう?この仕事に誇りを持っている風でもありませんし。次回がたのしみです。

瑕疵物件と呼ばれる訳あり物件に住む藤崎。失踪、自殺、不審死…様々な理由で空き部屋となった部屋にわざわざ賃貸契約を結び日を空けずすぐに入居する理由とは…?4編の書き下ろし短編集。

人はいつか必ず死ぬ。理由は様々だが毎日どこかで誰かが亡くなっている。
そう考えれば自室で最期を迎えるのもなんら不自然ではないことなのかもしれないが、できれば人が亡くなった部屋には住みたくない、なんとなく気持ちが悪い…と思ってしまうのが人情である。
その「瑕疵(きず)」を取り除くのを藤崎は生業としている。
まるで妖モノを祓う祓い屋のようでもあるが、それとは違い実はとても人間くさい作業だった。
住んでいた人や家族の日々の営みを知ればそれは瑕疵ではなく思い出となっていくのだと思う。

とても興味深かった。
シリーズ化を期待!
おススメです。

読者

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dIcon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 3人

松岡圭祐の本

黄砂の籠城(上)

黄砂の籠城(上)

9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55

じゃなせ

雑食(何でも読みます)

本書が(多少は脚色があるものの)真実に基づいている、ということに違和感を感じてしまうのは、自らの無知故なのか、それとも教育の結果なのか、いずれにせよ、今の日本人に残っているもの、失ってしまったものが、わずかながら見えた気がしました。

20日前

9bfe61d1 2d47 4d3e aa1c 280a5d46a54cIcon user placeholderIcon user placeholder 8
八月十五日に吹く風

八月十五日に吹く風

9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55

じゃなせ

雑食(何でも読みます)

あと2ヶ月もすると、また終戦記念日を迎えるな、と思い本書に辿り着きました。自分自身も、なぜ米国による戦後統治は概ね平和裡に進められたのか?不思議に思っていました。 本書では、自分の疑問に全て答えてくれているわけではありませんでしだが、あの戦争の一部分(それにあまり日の当たる戦闘ではなかった)を、日米両国の視点で緊張感を持って描いており、まさに手に汗握る気持ちで読み進める事が出来ました。 筆者の別著「ミッキーマウスの憂鬱」とはまた大きくなり、最初は同じ作者だと気付きませんでした…

約1か月前

9bfe61d1 2d47 4d3e aa1c 280a5d46a54cIcon user placeholder90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25fa 13