41k42iroozl

成功している経営者は、気分転換に甘い物を食べたりはしない。仕事の効率が下がることを知っているからだ。一方、仕事ができない人にかぎって、身体によかれと思って... 続き

コメント

これを読んでから食生活が変わった。
果物を買う回数が増えた。

甘いもの以外にも色んなことが書いてあってとても参考になりました!

糖質オフ、カロリーオフ など添加物満載のものは食べないようにしよう。

2017.6

読者

3892591c 0775 431c 9aef 06fd4b8301ccIcon user placeholder0d2cb25e 94a8 4694 b929 90d079b2cd09Icon user placeholder0ec5e76b fc13 48b3 b222 fba29b008b7136fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afaB81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbdFe5cce38 04c9 4b0e 8137 3e252a1d57b1 13人

新書

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

「聖なる巡礼者/俗なる巡礼者」という二分法を丁寧に解体し、「宗教が自明のものでなくなった現代世界において、聖なる場所や聖なるものがどのようにして社会の中に姿をあらわすのか」(p.v)考察した1冊。 聖地は以下の4つの類型に分けられる。(a)制度的聖地、(b)共同体的聖地、(c)イベント的聖地、(d)個人的聖地である。 著者は、多様な価値観や世界観がフラットに存在する現代社会を背景に、個人と個人が何かを共有できる可能性をもつものとして、聖地に可能性をみる。 宗教と社会が新しい関係を結ぶ中で、記憶ー場所ー共同体といった概念が今後どうなっていくのか(べきなのか)、考えさせられます。

4日前

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a