514evh7mpql

「チャーミングにうねる線‥‥意思を持ったパース‥‥ちっちゃならせんのツノを中心に回転する物語‥‥気がつけば‥‥見えざる桃色の渦に飲み込まれている」岩井俊二... 続き

コメント

ああ、まるで映画みたいだ。線で描かれたキャラクターたちから躍動感を感じる。そしてストーリーの繊細さ。何度も読み返してしまう。キャラクターたちの「意図」を追ってしまう。素晴らしい短編集だと思います。いつでも読めるように、生活の近くに置いておきたい本。

読者

Bbd84f66 855e 46ac a809 047007f0424eIcon user placeholderA5ae7592 5447 46e4 a325 ce80ccc9c421Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d24d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0820fae52 4589 4090 9032 f20e5bb442ef 13人

コミック

ライク ア ローリング ストーン

ライク ア ローリング ストーン

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

1969年にCOMで連載されていた本作、約50年の時をえて単行本に。ずっと単行本に、という話を退けてきたけれど、ボブディランのノーベル平和賞受賞がきっかけで発刊にいたったらしい(タイトルはボブディランの名曲のまま)。 私小説ならぬ、私マンガの原点とも言われている本書、当時23歳だった著者のほぼ実体験が描かれている。政治の季節の熱っぽい空気感がブワッと躍動的に伝わってくる。 ハードボイルド、学生運動、抜き差しならない生 っぽい恋愛など、著書イメージがモロにあらわれていて凄く楽しめた。 今の大学生くらいの若者達は、この空気感をどう受け止めるんだろう。気になる。 ちなみに、はっぴいえんどの風街ロマンのジャケットを手掛けているのも宮谷一彦です。

2日前