514evh7mpql

「チャーミングにうねる線‥‥意思を持ったパース‥‥ちっちゃならせんのツノを中心に回転する物語‥‥気がつけば‥‥見えざる桃色の渦に飲み込まれている」岩井俊二... 続き

コメント

ああ、まるで映画みたいだ。線で描かれたキャラクターたちから躍動感を感じる。そしてストーリーの繊細さ。何度も読み返してしまう。キャラクターたちの「意図」を追ってしまう。素晴らしい短編集だと思います。いつでも読めるように、生活の近くに置いておきたい本。

読者

Bbd84f66 855e 46ac a809 047007f0424eIcon user placeholderA5ae7592 5447 46e4 a325 ce80ccc9c421Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d24d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0820fae52 4589 4090 9032 f20e5bb442ef 13人

コミック

ふしぎの国のバード 5巻

ふしぎの国のバード 5巻

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

バードさん、史実だと作画よりお年を召してから日本に来ているみたいですよね。原作まだ読めてないんですけど。 イトが遂に言ってしまいましたね。イトはバードさんが大事なのになんとなく空回りだなぁ… バードさんの過去話、というより10代のバードさん、ちょっと生意気な顔が好みでした。 キラウエア山行ってみたくなった!!

4日前