41l3jvvugjl

長野県の総合病院で平日は医師として診察し、休みの日に原稿を書くという生活を続ける芥川賞作家・南木佳士さんのエッセイ集です。信州の美しい四季の移ろいを背景に... 続き

コメント

ちまちま読み進めるのによい。寝る前に一つ二つ進むとか、そういう読み方に向いた、力のいらない本。

読者

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241

南木佳士の本

阿弥陀堂だより

阿弥陀堂だより

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

人に本を勧めるのは、非常に難しい行為だ。だから、お勧めの本を尋ねられると「合わなければ無理して読む必要はない」などと一言付け加て紹介することになる。そんな私が、是非読んでみてと言いたくなるような本に出会った。主題、ストーリー、人物、背景、これらが全て破綻なく一つの世界を作りあげていると、この小説は思わせてくれるからだ。この中の、誰かが欠けても、何かが置き換えられてもならない。無駄な言葉もない。ああ、小説ってこういうのを指すんだなぁ。

5か月前

陽子の一日

陽子の一日

14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23a

Rino

いろいろなパッケージや 新聞のチ…

本当に『一日』だけど 何年もがぎゅっと詰まった『一日』

10か月前