519njkuhu7l

いじめを受け、ひきこもりだった麻生人生。蓼科でひとりぐらしを続ける人生の祖母、中村真麻。対人恐怖症の中村つぼみ。田んぼから三人は前をむいて歩み始めた-。収... 続き

コメント

涙なしには読めない
田舎で暮らしたくなる
お米を一から作りたくなる
こころが暖かくなる本

その人の名前を呼び、その人を尊重する
その人の興味のありそうな話題をすぐに出す
そして「ありがとう」という

具体的で現実的な希望、小さな希望をもつ

登場するみんなの
優しさがこころにしみる。

何かに一生懸命取り組むとひとは輝くって本当だなと。
そして、ひとはすぐに変われるんだとわからせてくれる。

悩んでいたり
疲れている人に
読んでもらいたい本。

農業って大切、ありがたい
現実問題として農家の減少は現状の資本主義経済の流れからして免れないところではあるとは感じる。
美味しいお米を作ってくれる農家が居なくなり、毎日食卓にはタイ米が並ぶ、そうなれば日本人は皆忿怒の表情で日常生活を送ることになりかねない。自分たちが犯した過ちを顧みて

作中に出てくる蓼科からの八ヶ岳連峰の美しさ、御射鹿池の沈黙を決め込んだ池に反射する木々の情景、日本の自然の素晴らしさを伝えてくれる

読み終えて涙が滲みました。

でも、ちょっと綺麗過ぎるなとも思った。そんな世の中真っ直ぐじゃねーなと。

だけど、だからこその文章だったのかな。とも思った。

TPPが騒がしい今、農業を見つめ直す視点もあり、その農業がもたらして来たもの、そんな事を伝える一冊でした。

読者

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8499a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf2fa1efe5 87b1 4175 b32f e1eaddd2c33cAf143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f 7人

原田マハの本

暗幕のゲルニカ

暗幕のゲルニカ

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

序盤の地下鉄から上がってきた瞬間がこのお話の最大の山場だと思ってる。それくらい、そこ読んだときの衝撃がすごかった。 あとは原田マハらしく、膨大な情報量をきれいにまとめてくれた感じ。 終わり方がもやもやっとしたけれど、好みが分かれるところかな。

10日前

405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d7379887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed 24
異邦人

異邦人

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

京都で妊娠生活を送る女性の話として 興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。 京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。 ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。 こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。 原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 18
スイート・ホーム

スイート・ホーム

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

4か月前

Icon user placeholder4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc3af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 19