519njkuhu7l

いじめを受け、ひきこもりだった麻生人生。蓼科でひとりぐらしを続ける人生の祖母、中村真麻。対人恐怖症の中村つぼみ。田んぼから三人は前をむいて歩み始めた-。収... 続き

コメント

農業って大切、ありがたい
現実問題として農家の減少は現状の資本主義経済の流れからして免れないところではあるとは感じる。
美味しいお米を作ってくれる農家が居なくなり、毎日食卓にはタイ米が並ぶ、そうなれば日本人は皆忿怒の表情で日常生活を送ることになりかねない。自分たちが犯した過ちを顧みて

作中に出てくる蓼科からの八ヶ岳連峰の美しさ、御射鹿池の沈黙を決め込んだ池に反射する木々の情景、日本の自然の素晴らしさを伝えてくれる

その他のコメント

涙なしには読めない
田舎で暮らしたくなる
お米を一から作りたくなる
こころが暖かくなる本

その人の名前を呼び、その人を尊重する
その人の興味のありそうな話題をすぐに出す
そして「ありがとう」という

具体的で現実的な希望、小さな希望をもつ

登場するみんなの
優しさがこころにしみる。

何かに一生懸命取り組むとひとは輝くって本当だなと。
そして、ひとはすぐに変われるんだとわからせてくれる。

悩んでいたり
疲れている人に
読んでもらいたい本。

読み終えて涙が滲みました。

でも、ちょっと綺麗過ぎるなとも思った。そんな世の中真っ直ぐじゃねーなと。

だけど、だからこその文章だったのかな。とも思った。

TPPが騒がしい今、農業を見つめ直す視点もあり、その農業がもたらして来たもの、そんな事を伝える一冊でした。

読者

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8499a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf2fa1efe5 87b1 4175 b32f e1eaddd2c33cAf143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f 6人

原田マハの本

スイート・ホーム

スイート・ホーム

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

1日前

7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67Icon user placeholder
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

4日前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbE6e46408 7d9f 4c98 a3bd 456d3e743221 15
いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

この本で紹介されている絵のいくつかを、美術館で見たことがある。その時にこれらのストーリーや背景を知っていたかった、と強く思った。あぁ勿体無い。 10代の頃では、100年、200年という時間はあまりにも遠い昔のことだったけれど、歳をとってみると彼らが生きていた時代と今とに、それほど大きな隔たりはないように思えてくる。身近に感じることが出来る。 今だから彼らの作品をもう一度見て違うことを感じられるかもしれない。 美術館に行きたい。 描かれた絵と、その背景にある画家自身や歴史と向き合いながら、ゆっくり時間を過ごしてみたい。

約2か月前

Icon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849
ギフト

ギフト

6e601ea2 de6f 4c16 b856 ebddb66ba840

ricky

小さい頃から空想好きで、本の中の…

仕事、結婚、留学 etc…一歩踏み出す女子のステキな20のエピソード。

約2か月前