519njkuhu7l

いじめを受け、ひきこもりだった麻生人生。蓼科でひとりぐらしを続ける人生の祖母、中村真麻。対人恐怖症の中村つぼみ。田んぼから三人は前をむいて歩み始めた-。収... 続き

コメント

米作りは難しい。
手をかける時、見守るべき時、多くの人の愛情と手間、天候。それで、やっと実をつける。そして、至福の幸せを運んでくる。「美味い!」
まるで人の成長ではないか。
マーサばあちゃんは愛が一杯だけれど、認知症だ。人生くんは、愛を受けて愛を返していく。

その他のコメント

涙なしには読めない
田舎で暮らしたくなる
お米を一から作りたくなる
こころが暖かくなる本

その人の名前を呼び、その人を尊重する
その人の興味のありそうな話題をすぐに出す
そして「ありがとう」という

具体的で現実的な希望、小さな希望をもつ

登場するみんなの
優しさがこころにしみる。

何かに一生懸命取り組むとひとは輝くって本当だなと。
そして、ひとはすぐに変われるんだとわからせてくれる。

悩んでいたり
疲れている人に
読んでもらいたい本。

農業って大切、ありがたい
現実問題として農家の減少は現状の資本主義経済の流れからして免れないところではあるとは感じる。
美味しいお米を作ってくれる農家が居なくなり、毎日食卓にはタイ米が並ぶ、そうなれば日本人は皆忿怒の表情で日常生活を送ることになりかねない。自分たちが犯した過ちを顧みて

作中に出てくる蓼科からの八ヶ岳連峰の美しさ、御射鹿池の沈黙を決め込んだ池に反射する木々の情景、日本の自然の素晴らしさを伝えてくれる

読者

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8499a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf2fa1efe5 87b1 4175 b32f e1eaddd2c33c 9人

原田マハの本

スイート・ホーム

スイート・ホーム

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

不動産会社のホームページに掲載されていた連作短編集。 暖かくていい匂いがする街の様子が羨ましくて、私も是非住んでみたいと。笑 たまには、幸せ一杯の本で暖かくなるのもいいものです。 美味しい珈琲を片手に。

約1か月前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eIcon user placeholder4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc 21
暗幕のゲルニカ

暗幕のゲルニカ

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

外さない、原田マハ。ネタバレになるので詳しくは触れないが、ピースがパチっとハマるような、あの快感よ。「ゲルニカ」、死ぬまでにこの目で見たい!誰のものでも無い、ワタシたちの「ゲルニカ」を。

約2か月前

Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1eb00c1e 9037 4dd8 ab18 13d6b9963c2c 43
異邦人

異邦人

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

京都で妊娠生活を送る女性の話として 興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。 京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。 ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。 こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。 原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

4か月前

B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538Icon user placeholderIcon user placeholder 18