51pgiquk36l

コメント

自分たちが食べてる肉や魚はどんなところで育ち、どこでどんな風に処理されて口の前までやってきたのかは、最近ではトレーサビリティやらなんやらのおかげでなんとなくはわかるようになっては来たけれど、それはわかった気がするだけのことでしかないし、トレーに生産者の顔が描いてあっても、消費者としてなにか気持ちが大きく変わるってことでもない。だったらどうするか。また極端な、とも思えるけれど、著者は現場に足を運んで、自ら動物の命を絶ってみることを選んだ。
狩猟(著者はイギリスの人だから日本より多少はとっつきやすいという事情もあるはず)や釣り、車に轢かれて死んだ動物の採集(ロードキルっていうらしい。もちろん食える状態のものはありがたく…)、そして屠殺場の取材などを通じて魚食も含めた肉食の問題を考えていく。まあこの人もとからベジタリアンとかヴィーガン風味の人なんで、ちょっとバイアスかかってんじゃないかって部分も多々あるが、肉食には倫理が必要なのでは、という意見には賛成するしかないように思う。ただそれってある程度余裕のある人たちに限ったことで、食うや食わずの貧困層のほうがジャンクフードで肥満気味って話なんかを考えればなんだかなあってとこもあったりするとか、いろいろ留保はつけつつもとても貴重な本であることは確か。

その他のコメント

筆者は環境ジャーナリストで普段はほぼヴェジタリアンなのだが肉食について、自らの手で殺し処理したものだけを食べる生活を実験的に行ってみようと決意し実行した記録。釣りや狩猟を行い、屠畜場をも訪れて生き物がいかに殺され食肉になるかをも目の当たりにする。そこから得られた結論として、現代の大量生産的な食肉や漁業のあり方に疑問を呈し、より人道的な畜産や漁業へのシフトを提案し、肉や魚を減らした食事への転換を提案する、という内容。特に食肉生産の具体的なやり方やハラルの問題などは非常に興味深かった。現代では動物は電気やガスで気絶させられてから絶命させられるのだけど、ハラルについては祈りが耳に届かないという理由で今でも生きたまま殺すべき、という一派がいたり、西欧では知らない間にハラルを食べさせられている、といったムスリム以外からのクレームもあったりするのだそうだ。全体として非常に興味深いし勉強にもなるし、ご説ごもっとも、という感じではあるのだけど、一方でどうしても金持ちの道楽だろ、という思いや上から目線を感じてしまって感情移入が難しい、という感じもした。意識高い農場でのびのび暮らす豚を世話する女性にいつもいいもの食べられていいね、と言って、自分はこの農場の製品は手が出ないのでスーパマーケットのベーコンしか食べられない、と返されるシーンが描かれているのでそれなりに筆者自身も認識はしているようなのだけどそこは消化不良のまま終わってしまったな、という感じ。

読者

D647ef7e 0603 4e4d 826b eb5c2aa928dfAff73c33 8096 417c a478 a0f8416acd706cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa0dec1bd4 f928 4f32 9801 fba4b33dfd5837fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4fe769c27c6 8f20 47db a039 3bc7400191504996440f beee 41a9 986c 4635076a0080 20人

文学

攻殻機動隊小説アンソロジー

攻殻機動隊小説アンソロジー

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

プロの作家さんたちによる、攻殻の公式アンソロ。 それぞれ作家さんたちごとにフォントが違うのが凝っていて面白いけど、少し目が慣れるのに時間がかかった。 朝霧カフカ版は、まだ草薙と会っていない、笑い男事件後のアオイと元軍人でまだ日本にいたクゼヒデオが会っていたりなど、嬉しい共演だった。 神山版だけではなく、「人形遣い」を知っている原作ないし押井版の草薙素子も出てきて、面白かった。 バトーとトグサ(特にバトー)の出番も多かった。

約2時間前