Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5113ha0fo l

コメント

ナチュラルボーンアルデンテって英題、かっこよすぎだ。彼女の愛とクレバーさがきらりと光る眼差しで見つめられたい。と、つい食品の目線になってしまいました。

食べものや飲食店、飲食で働く方達などについての色んな種類の文章が載っている本。初めて読んだ時は著者独特の、個性的な嗜好や語り方に腰が引けましたが、興味を持てる所を読んで、著者の世界に慣れてくると色々面白がれる様に。著者の方は「ワカコ酒」のワカコさん的な所があるのかもと思ってみたり。慣れてはまるととても楽しい食の本です。

これはある意味で、サイコーの詩。
忘れたくない言葉ばかり。
たくさんの人がポストしてるのが、手にとってすぐわかった。

真剣に食と向き合う。なかなかできていない。惰性ランチ多いなあ。
真剣なのに、少年のようなやんちゃな好奇心と表現で描かれるご飯lover!お腹すきました。

食べログとエルブリのあいだをさまよう平野さん。初めてこの人のブログを読んだときはかなりの衝撃でしたが、久しぶりに戻ってきて本を読んでみた。瑞々しい文体で描かれるたべもの談義。まだこのジャンルにはこんな地平があったのだなと思わせたくれる。ちなみにカバーを外した装丁が素晴らしいことも書き添えておきます。

いるんだね、こういう子が。と、嬉しくなった。食事に対する敬意と親しみ、斬新な発想と視点が凝縮されている。

リズミカルな本だった。Good!

グルメの事はわからないけど、平野さんが紡ぐ文章によって、味的好奇心が疼くことはわかります。

この人は、ほんとにやかましい。頭ん中が。
なんでこの人の書く文が好きなんだろうかと自分でも疑問だった。
平野さんが書いた、ポパイの映画特集の記事を読んで腑に落ちましたわ。

やかましい。

斜に構えてて、聞いてもないようなことを、やはり斜め上からベラベラと語ってくれるような。
私は、山田詠美とか森茉莉とか、姫野カオルコとか田辺聖子とかの文書、好きなんですが、そこへんの方々とおんなじにおいがします。
っていうか、かるーく見えて、若者っぽくて、要はすこし頭が悪そうな文体でお書きになるんですが、頭いんだろーなー、っていうのが透けて見えるの。すごい。好きっすわ。

おいしいだけじゃない美食の本。

これは衝撃でした!

ジョルジュペレックが空間、レーモンクノーが文法なら、彼女は食だ!と思いました。

平野さんはきっと、携帯打ちながら食事したりしない人だ。

読者

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c8fd51cea 3258 4913 9d61 7ec683626134Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de16011c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8C57580ad cb93 4ea9 bd8c cf9e838ac58184655218 1bda 4234 a92d b901d6ca2cab8dc7bce1 4556 4b18 8ae1 f3b5b39939e1 34人

暮らし