51jwct7zygl

「人間は生まれながらのサイボーグだ! これは科学的真理である」。コンピューターや人工知能、携帯電話をはじめとするメディア、脳や身体に直接接続され、あるいは... 続き

コメント

人間は生まれながらのサイボーグであり、道具は私たちである、というのが著者の主張。過激な表現であるが、人間は身体という道具に加え、身体外部の存在をも取り込みながら「拡張した心」に従って人間存在を拡張していくという意味でのことであり、一般に想像されるそれとは違う。
とはいえ人間の脳は、他の動物と異なり、極めて可塑性に富んでおり、身体にとどまらず非生物的機器や環境を自らの一部として取り込んでいくことで進化してきたとして、例えば外部記憶装置としてのメモやノートに始まる多数の証拠をあげながら、人間が生得的に「サイボーグ」であり、今後はテクノロジーの進化でさらにそれが進んでいくことを示唆する。
人間とは身体にとどまらず、自らが直接的にコントロールできる諸部分の総和であるというデネットによる人間の定義を数多くの議論から説得的に論じている。
原著は2003年の発行なので、ネット社会の発展やスマホなどの普及については述べられていないが、かえって著者の描くかなり楽天的な未来像と現状のギャップが見えて来るという意味では有用であるかもしれない。

読者

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

テクノロジー

脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす

脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす

Aaa13f88 30e4 46ad b552 929a4e48ef2a

Omiya923

水産食品の研究者

人工知能について、その生い立ちと基盤となる理論について解説された本。脳の神経構造を理論構築がなされているが・・・パーセプトロンやニューラルネットワークなど、いまいち理解できなかった。本書の解説自体は分かりやすいのだが、根本的な思想について、私自身、腑に落ちていないと思った。もう少し統計とかを勉強してから、本書を再読したい。

約2か月前

アンドロイドレディのキスは甘いのか

アンドロイドレディのキスは甘いのか

50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be

ただのさる

水とお茶を摂取して楽しく生息して…

タイトルが大変魅力的だったので、手に取った。 知性と心は人間が持つ煌めきである。 AIを題材に採ったこの本は、柔らかに人間について語りかけてくれる。AIを人間でない知性あるものとすれば、自然人間を人間たらしめる要素について考える必要が生まれてくるわけだから。記憶量や計算力を知性と捉えれば、人間は既にAIには敵わない。 さて、アンドロイドレディは人にきっと好意を示してくれるだろう。そうプログラムされればの話だが。美しい容姿、慈愛溢るる性格、あなたをやがて好きになることも全て設計できる。そのキスを甘いものと捉えるか、紛い物と捉えるかは個人の心次第なのかも。

約2か月前