Btn appstore Btn googleplay
41fz6t2gnnl

量子力学を創造し、原子物理学の基礎をつくった著者が追究した生命の本質-分子生物学の生みの親となった20世紀の名著。生物の現象ことに遺伝のしくみと染色体行動... 続き

コメント

感動
ワトソンとクリックの発見にもつながった一冊

その他のコメント

James D. Watoson氏を含め多くの著名な科学者が感銘を受けたということから手に取りました。著者の仮説において現代では解明されてしまい結果としては間違ったことになってしまっているところもありますが。この本から生命というものの解明にどのようなアプローチをかけていこう。またそれを行なっていくことの楽しさを読んでるうちに感じました。理系のそれも分子生物学を専攻する人間だからというのものもありますがその他の多くの人でも魅力的な本であるとオススメしたいです。

読者

5a751c7e 83f4 4097 b0c7 16af86b5a948Icon user placeholder5e346653 7924 47f6 98ea 344d95df50cf17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9C45c5aa1 18f1 465a a26e 21879eebd50aF57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c12344565 fa2f 4f38 b295 e32b8b5f80589f8ed6e0 978e 44f8 b53e 907af86b9aad 8人

文庫

アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を

Icon user placeholder

時々読みます

チャーリィは脳手術により念願の知性を獲得していくものの、同時に過去の様々な記憶が蘇り、残酷な真実やトラウマにも直面していく。知能の発達がピークに達した頃には当初の謙虚さは失われ、傲慢な態度により周囲からも孤立していくが、手術の効果は一時的なもので次第に元のチャーリィへと戻っていく。 日記様で書かれているため、主人公の成長の軌跡やら切迫感(?)やらが直接伝わってきて引き込まれます。知性とは何か、幸福とは何か色々と考えさせられます。

1日前

92a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f5D46ed159 606e 4e18 a80f 863d702ef0faAa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696 207
天使のナイフ

天使のナイフ

253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2d

mogg

小説読み始め

少年犯罪という、日常とは少し離れた話題を題材に取り扱っているのにとても読みやすく、主人公の通っているストーリーとはまた別で語られるストーリーとが結びつく度に感動させられる。物語終盤では事件の全貌が明らかになる爽快感と共に物悲しさを感じる。とてもよく考えさせられる小説だった。小説を読み慣れていない私でも十分に楽しめる内容だった。

2日前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 31
ヨーロッパ退屈日記

ヨーロッパ退屈日記

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee

Mana

この作品が今なお色褪せないのは、なぜそれが良いかという所の真理をきちんと書いてくれているからだと思います。 著者のセンスに憧れて、真似してみたいことは沢山あるけど、自分がやった途端ミドルクラスになりそうで。

3日前

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c22feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Icon user placeholder 46
第四間氷期

第四間氷期

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

AIもののSFとはこの物語を端的に表すジャンルであって、しかし、この物語について何も語りきれていない気もする。 この物語は、旧態依然とした世代と新しい世代や未来世界との断絶の物語だと思う。 解説では、作品が世に出た当初の日本、すなわち田園・農村社会から急速に都市化へ移行する中間領域の社会が投影されていると論じている。 プレモダンからモダンへ、農村から都市へ、ゲマインシャフトからゲゼルシャフトへ、田畑からビルヂングへ。 しかし、いくら鍬を捨て、ネクタイとポマードを手に入れても、蛍の光からネオンの光を手に入れても、個人も社会もなんら変容していないのではないか。 そしてこの2020年には、プレコロナとアフター・ポストコロナを巡る、「新しい生活様式」なるダサいネーミングセンスの中間領域と、その後の社会変容への恐怖を想起させる。 P16.『世間が幾本の柱で支えられているのかは知らないが、少なくともその中の三本は、不明と無知と愚かさという柱らしい』 しかし、他ならぬ「世間」とは主人公のようだった。 優秀な開発者で研究所長は奇怪な事件に巻き込まれる。 そのうちに、若い研究者たちから突きつけられる言葉が重い。 日常に平和を取り戻そうとする主人公に共感していたはずが、徐々に、彼が旧態依然とした古臭く、劣った害悪な存在に思え、代わりに若い研究者たちの思想が新しい(ナウい?)ように感じる。 P.259『結局先生は、未来というものを、日常の連続としてしか想像できなかった。(中略)断絶した未来・・・この現実を否定し、破壊してしまうかもしれないような、飛躍した未来には、やはりついて行くことができなかった。(中略)未来をただ量的現実の機械的な延長としか考えていなかった。だから観念的に未来を予測することには強い関心を寄せられたけど、現実の未来にはどうしても耐えることができなかった。」』 しかしこの頼木のセリフは実にダブルバインドである。 「先生」は量的な現実の連続体でしか未来を予測できず、頼木らはそうではない。 しかし同時に、「先生」は観念的な未来は関心を抱けるが、現実の未来には耐えられない。 すなわち、彼の言説は矛盾している。 量的とはすなわち極めて現実的・具体的・客観的であり、観念的とは抽象化された着想、思想、哲学である。 頼木が言いたかったのは具体的思考への批判だったのかそれとも抽象的思考への批判だったのだろうか。 およそ知能の発達は具体的思考を経て抽象的思考を獲得してゆく。 ピアジェらのいう具体的操作期から形式的操作期への発達である。 頼木は何を批判し、糾弾したかったのか。 そして、頼木或いは「新しい生活様式」について何を見たいのか。 この2020年にあって安部公房の物語はどれもこれも恐ろしい。

3日前

7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb8490Icon user placeholderIcon user placeholder 17